先日購入したハイク用のシューズ「evolv Talus」。
DSC_0463
購入してから1ヶ月弱寝かせていましたが、ようやく丹沢でフィールドテストが出来たのでその感想とレビューとかなんとかを。


DSC_0445
まず、履き心地について。
ODBOXで試着した時も思ったのですが、自分の足の形にはあっているようでフィット感は抜群です。
自分の足はスポルティバのトランゴやラプターなんかがエンゼルフィットしちゃうのでやや細め、甲高のタイプ。
履いた際の靴の中でのずれはほとんどありませんでした。

DSC05269
地面に対する食いつきですが、今回の丹沢大倉尾根のコンディションはウェットは無くドライ。黒土の部分もソールの泥抜けは良く、その後木の階段や石でのグリップ力の低下は皆無でした。

DSC05305
特に乾燥状態の岩面への食いつきは特筆ものです。ステルスソールに迫るグリップ力というのは伊達じゃありませんね。下手したらスカルパのクリスタロのビブラムソールよりも性能は高いかも。
そしれ路面からのプロテクションもかなり優秀。アプローチシューズの類ではありますが、恐らくプラ製の、やや厚めのシャンクプレートが仕込まれているようで、多少荒れた路面にコンタクトしても足裏へのダメージはほとんどありませんでした。この辺りは岩の多い北ア・南アでも十分な安心感を得られると思います。

DSC05326
反面、ソールの耐久性(寿命)は短い方でしょう。この辺はグリップとのトレードオフなので仕方ないとは思いますが、良いシューズだと思うのでぜひとも日本国内での再販を熱望したいところですね。

気になるところとしては、やはりBoaシステムの耐久性。
今回は結構きつめに締めてみましたが、今のところガタが繰るような気配はありません。むしろ心配なのはワイヤーの方ですかね・・・。
DSC05341
自分はORのFlexゲイターを使っているのですが、シューレースにフックで先端を引っ掛ける構造になってるんです。が、このほっそいワイヤーに金属製のフックを引っ掛ける勇気がどうしても出ませんでした。ので、ここはフックは引っ掛けずに使わないとですかね・・・。一応、販売店のODBOXでワイヤーの交換は出来るそうですが、いくらかかるか分からないし、何よりハイク中に壊れたらイヤだし・・・あ、そうだ、ダクトテープ買い足しておかないと。

それから、今回は初と言うこともあったからも知れませんが、久々に靴擦れが発生。
DSC05288
またも見苦しくてすんまそ。

以前履いていたマウンテンマゾヒストは、ヒールカップはあるもののそんなに硬くなくて、むしろやわらかめだったのであまり気にしてませんでしたが、Talusのヒールカップはかなりしっかりとしています。

24a1afd3
スポルティバのウルトララプターや、VASQUEのベロシティに近いと言えば近いです。
ヒールカップが硬めいうのもあると思うのですが、今回初めてなのでシューレースを結構きつく締めてた、という事も関係ありそう。この辺はしばらく調節しながら様子を見てみたいと思います。

あとは、前述したとおり、ソールはかなりプロテクションの強い部類です。
イメージとしてはトレランシューズではなく、一般的な登山靴のローカット版、と言った感じなので、あまり無理なスピードで歩いていると足へのダメージが結構大きい気がします。特に、自分はいつも靴を変えてもインソールはスーパーフィートを使っているのですが、今回それを組み合わせたことで余計にソールが硬くなり、かえって膝へのダメージを大きくしてしまったかもしれません。それが後半、下山時に影響が出たかも。
次回は一度標準の柔らかいインソールで歩いてみようかと思います。

アッパー部分に使われていたeVentについては、今回はハイク時間が短かったのであまり参考にはなりませんでしたね。ただ、なんとなくですが足の甲部分のムレ感は少なかったようなそうでもなかったような・・・。

初回を終えての感想、これなら北アの岩稜帯も安心して歩ける!
でも、トレランはちょっと無理そう。走る目的ならやっぱりラン用の靴を買ったほうが良いかも。下山時に軽くスピードハイク、くらいがちょうど良いかな。
また気になる点があれば書きたいと思います。