北八ヶ岳ハイクもいよいよ最終日、の3日目です。
DSC05194

最終日はオーレン小屋から稲子湯まで下山するだけにしました。
DSC_0331
ちょっと早めに下りたかったので、この日は朝4時に起床。
DSC_0330
朝ごはんもリフィルで軽く済ませて、撤収に取り掛かります。

DSC05184
昨晩は幸い雷も徐々になくなり、雨にも降られませんでした。最終日は天気も快晴!なので本当なら硫黄岳に上りたかったところですが・・・まあ、仕方ありません。
結露でびしょびしょになったフライをマイクロファイバーのタオルである程度ふき取ってからパッキングして、撤収も完了。コンパネのあるテン場はボトムが汚れないので良いですね。

DSC05187
オーレン小屋、とても良い山小屋でした。スタッフの方も親切で、何より桜鍋が美味しそうすぎる・・・!
今度泊まる時は、テント泊でも桜鍋を注文しよう、と誓って、6時08分、オーレン小屋から夏沢峠に向けて出発します。

DSC05190
DSC_0333
そう言えばこの日も朝は嫁さんも自分もストックなし。すっかり登りについてはストックが無くても良くなった・・・かも。
DSC05192
オーレン小屋やら夏沢峠までのトレイルもまたふんわりとした苔がとてもキレイです。朝陽のまだ柔らかい光が雰囲気にとてもよく合ってます。

DSC05198
20分ほど歩くと、前方の木々がやや開けてきます。この先を抜けると・・・
DSC05199
夏沢峠に到着!
ここには山小屋が2軒並んでいるのですが、上の写真の右側のヒュッテ夏沢は8月19日まで休業との事でした。
DSC05204
向かいの山びこ荘は営業中。こういった謳い文句にはそそられますね・・・。
実際ちらっと覗いてみたらとても雰囲気の良い山小屋でした。展望も良さそうだし、珈琲飲んでぼんやりしたり、良いなあ。。

DSC05201
すぐ上には硫黄岳もよく見えています。
ここから山頂までは1時間ちょっと。今回はグッと堪えて本沢温泉へと向かいます。
DSC05205

DSC05208
途中にあった、ウマみたいな倒木。

DSC05211
朝の森は本当にきれい。
ピークハントしなくてもこんな森を歩いているだけでニンマリしてきてしまいます。

DSC05212
この標識の先を過ぎると、
DSC05213
DSC_0342
沢沿いのトレイルに出ます。そしてこの右手の沢の斜面を見てみると・・・
DSC05214
あった!あれが本沢温泉の露天風呂!
やー本当にトレイルから丸見えですよwあはは。入ってみたいような入りたくないような・・・。

DSC05217
露天風呂のある場所の下流から。露天風呂は見えませんが、この沢の少し上流にあります。
晴れてるとハイカーからも丸見えだけど、こんな硫黄岳の姿を眺めながらの露天なんて結構気持ち良さそう!
実際は昼間は入れるんですかねえ?

DSC05220
7時11分、本沢温泉に到着。なんだかとても立派な山小屋?というか温泉旅館みたい。
個室がちらっと見えたけどメチャクチャキレイでした。
DSC05219
ちなみに本沢温泉は日本最高所にある「露天風呂(温泉)」。この辺話がややこしいんですけど、

日本最高所にある温泉宿泊施設→みくりが池温泉。ただしここは引き湯で、露天風呂はないそうです。

個人的には白馬鑓温泉の方が標高高いんじゃないの?と思っていたけど、こちらは2,050mとのこと。
そうだったのか〜と納得。

DSC05222
ここのテント場は本沢温泉の施設から少し離れたところにあります。
水場も併設しているけど、煮沸必須らしいです。セイシェルがあれば大丈夫かな?

DSC05226
本沢温泉で小休止して、更に下山を続けます。

DSC05227
途中の分岐でみどり池方面へ。
ここから緩やかに山腹をトラーバースしながら一旦登りに入ります。
これが意外に、地味にめんどい感じ。
DSC05233
DSC_0346
小さなアップダウンを繰り返し、湿地帯を通り過ぎると

DSC05237
ようやく中山峠との分岐に到着!時間は8時16分、本沢温泉から1時間弱ってところです。
ここまで来ればしらびそ小屋はもうすぐそこ。
DSC05240
8時20分、しらびそ小屋に到着。ちょっと疲れたので休憩します。
DSC05245
目の前のみどり池には、「逆さ東天狗」がばっちり。そう言えば新穂高から裏銀座に行っていれば、途中の鏡平にある鏡池で「逆さ槍」も見られたんだよな〜とか思ったり。でもこちらもとてもキレイ、ですよね。

DSC05248
せっかくなので珈琲とお茶を頼んで休憩。チーズケーキも頼んだんですけど、甘酸っぱいジャムがとても美味しかった。これなんのジャムだろう?
そしてかりんとうもウマイ!行動食にしてみようかな・・・。

DSC05249
小腹も満たせたところで8時50分、しらびそ小屋を出発。

DSC_0351
行きに見た恐竜みたいな倒木に襲われてみた!

DSC05256
水場を通過して

DSC05258
あとは快適なトレイルをサクサクと進み

DSC05263
9時44分、みどり池入り口のゲート前駐車場に無事に下山!
やー、早かった・・・!

こうして3日間の初・北八ヶ岳ハイクは終始のんびりとしたまま終了。
本来であれば一泊二日で行けるコースですが、時間をかけた分、特に小屋の魅力を存分に味わう事が出来たハイクでした。
八ヶ岳エリアはどこも小屋が充実していて、テント泊ばかりの自分でも小屋泊してみたいと思わせる魅力が満載でした。特に黒百合ヒュッテは噂に違わぬホスピタリティの高さ、そしてオーレン小屋の桜鍋、しらびそ小屋のあの雰囲気、どれをとっても1度は泊まってみたいと思わせるものがあります。
初心者のハイカーさんを連れて行っても危険箇所も少ないし、家族連れにも楽しめるコースですね。


さて、この8月の半ばの1週間の間に南→北と歩きました。その前には南八ヶ岳の南部(編笠山〜権現岳)も歩いています。
しかしどれも途切れ途切れなので、一度八ヶ岳の全山縦走もやってみたいですね。2泊3日くらいあれば行けそうな感じもするし・・・。いずれ機会があればプランを立ててみたいと思います。

◆登山データ
○1日目
みどり池ゲート入り口(8:20)→水場(9:15)→しらびそ小屋(9:42)→休憩→しらびそ小屋発(10:07)→中山峠・本沢温泉分岐(10:13)→中山峠(11:32)→黒百合ヒュッテ(11:39)→テント泊

○2日目
5:59起床→黒百合ヒュッテ発(08:09)→東天狗岳分岐(09:20)→東天狗岳(09:38)→西天狗岳(09:58)→東天狗岳発(10:25)→根石岳(10:55)→根石岳山荘(11:02)→休憩→根石岳山荘発(11:24)→箕冠山(11:31)→オーレン小屋(12:00)→テント泊

○3日目
4時起床→オーレン小屋発(06:08)→夏沢峠(06:30)→本沢温泉(07:11)→中山峠・本沢温泉分岐(08:16)→しらびそ小屋(08:20)→休憩→しらびそ小屋発(08:50)→水場(09:10)→みどり池ゲート入り口(09:44