ほとんど衝動買いに近い・・・。
DSC_0065
夏山用のハイキング・キャップ:CAPO コンパクトキャップ。
久しぶりに渋谷ODBOXへと足を運んできました。
目的は本当は靴の物色だけだったんだけど、まあ、当然それだけで済むわけも無く・・・。
ウェアのフロアに行ったついでに、そう言えば夏山用のキャップを買い換えようと思っていまして。で、あれこれと物色。ORのエコーキャップを買うつもりだったんだけど、これ、ツバがちょっと長いんです。今メインで使っているホグロフスのキャップよりも少し長い。
ツバが長いと、日よけとしては良いのですが例えば岩場・鎖場、急登を登るときに前方を確認しづらいというデメリットがあります。先日の甲斐駒・黒戸尾根でもちょっと気になっていた部分。

そこで目をつけたのがCAPO。最初はウルトラライト・ポケットキャップにしようかと思ったのですが、何となくこれが似合わない・・・。で、それじゃと、サイドにメッシュの無いタイプがあったので被ってみたら、
DSC_0060
ああ、こっちのが好きかも。

という事で、買いたいとは思っていたキャップですが、突如購入してきましたよ。
DSC_0074
生地は撥水加工済みでちょっとした小雨程度ならしのげるみたいです。
UVカットも。そう言えば色もストーンカラーなので、汗をかいた後の塩も気になりにくいかも?

DSC_0071
ホグロフスのキャップと比べてみると、ツバの短さは一目瞭然。必要最低限の長さがあれば十分です。
感覚的にはORのレイダーキャップに近いけど、あれよりもシャープな感じです。

DSC_0069
汗止めはパイル状のポリエステル。結構厚手なので吸汗性能は高そう。

DSC_0070
バンドは軽量化のためゴムシャーリング。人によっては血が止まる感じがしてイヤって人もいるみたいですが自分はあんまり気にならないかな。

DSC_0072
実測値で26g。ULポケットキャップが23gくらいだから3gしか変わらない?

DSC_0073
もちろんクラッシャブルなので、くるくるっと丸めてポケットなりサコッシュなりに入れておいても嵩張りません。

ツバも短めだし薄手なのでモノによってはメットにも対応するかも。
また、自転車でも使えそうですね。

想定していたのよりちょっと高め(3,780円)でしたが、・・まあ良い買い物だったかと。
今度の赤岳でデビューかな。