今年のGW、雁坂小屋でお会いして以来、TwitterやFacebookを通じて交流させて頂いていたatelierBluebottleさん。
DSC_0001
兼ねてより「飲みに行きましょう!」と話をしていて、ようやくこの木曜に場を設けることが出来ました。
場所は中野セントラルパーク内のビアガーデン。7月15日から期間限定でOpenしており、ここが良い!という事ですぐに決定。
実は個人的にはビアガーデンと言うと高尾山に行った時以来かも。久しぶりという事でかなりテンション上がります。
DSC_0002
席についてびっくり、なんと置かれていたランタンはGENTOSのExplorer EX-700RCじゃないですか!
ほとんどの席においてありました。まずこれにびっくり。。。なんだろう、アウトドアコンセプトってワケでもなさそうですけどね。。。

DSC_0005
あれこれとつまみを買い込んで、早速カンパイ。
キリン主催のビアガーデンらしいですが、やっぱり生ビールはウマい!

さて、atelierBluebottleさん。
以前blogにも書かせていただいたのですが、2013年からスタートしたまだまだ新しいブランドです。
と言っても大々的に広告を打ったり、店頭で卸販売をしているわけではない(この6月からHike+Likeさんでは取り扱いを始めています)のであまりご存知ではないかもしれません。
詳しくは以前書いた記事に譲りますが、これはatelierBluebottleさんのモットーで、一番は「山を歩いて、自分が使っているGEARに興味を持ってくれた人に売りたい」という、こだわりの形なんです。店舗や広告を打ってもっと露出を増やしていけばそれだけ売り上げも上がるだろうし、知名度も広がっていくでしょう。しかし、それを良しとせず、本当に気にいってくれた人だけに売りたいという、製作者側の徹底したこだわりを感じるブランドです。
そして、元々鞄メーカーでデザイナーをされていたというご本人の、素材や縫い方のこだわりが製品ににじみ出ています。
DSC_0006
上の写真は、サコッシュの一番初めに作られた物。現在販売されているものとは異なり、オールキューベン製です。
販売されているものは本体の素材はX-グリッド/X-PAC、フロントポケットがキューベンに変わっています。この辺りも実際に作ってみて、そして使ってみた結果本体の素材を換えた方が良い,という事で変更したそうです。
それに使われている止水ファスナー、実はここが自分が一番気になっていたところで、止水ファスナーを使ったところはとても開閉がしづらい印象だったんです。
しかし、サコッシュに使われているファスナーは柔らかく、開閉も比較的スムーズ。これであれば頻繁にサコッシュからものを出し入れする場合であっても問題はなさそうです。

他にもモノへのこだわりや、山の話など色々と盛り上っていたのですが、途中で突然、ヒンヤリとした強い風が吹き始めて、「これは一雨くるかな・・」などと思っていたら
DSC_0007
DSC_0009
あっという間にもの凄い風、そして雨、雷まで。
写真では分かりにくいですが、強風でイスやテーブルが飛ばされたり、最初は屋根のある席に避難していたのですが、次第に耐えられなくなり急いで店内へとダッシュで移動するハメに。

その後は隣接するお店の中で飲みなおし。
ここでも最初に作ったというウォレットを見せていただきました。
DSC_0010
DSC_0011
フロントにはカードポケット、背面側にコインケース。
ここで嫁さんが「カラビナを着けるループがあればいいのに・・・」という意見を言っていました。
が、これにも理由があって、山に持っていくこの手のサイフにはよくカラビナとかのループが付いてますよね。
でも実際、これに、カラビナをつけて、例えばポケットやサコッシュに繋げている人ってどのくらいいるんでしょう・・?
実は自分もグラナイトギアのエアーハイカーウォレットを使ってるのですが、これのループとカラビナは一度もサコッシュやパンツと繋げたことはありません。
頻繁に出し入れするものなので、繋げたりしている方がかえって使いにくいこともあります。そう言った理由からループはつけていないそうです。どうしても繋げたい人はファスナーのヒモがループをかねているので、これを使えば良い、という訳です。

今まで色々な方とお話をする機会がありましたが、販売しているメーカーの人や店員さんがその多くでした。
自分のようなただの1ハイカーにとっては、今回のように自らブランドを立ち上げて、そしてものを作っている人とお話をするというのはとても貴重で、そして刺激的でした。結局23時過ぎまで飲んでいたのですが3時間なんてあっという間。職人さんなんだなーと思う反面、とても気さくで、やっぱり山好きなんだなーって思って、同人種だな・・・とちょっと親近感。この週末に向かう予定の山までの電車の切符を見せてくれた時の表情は、間違いなく愛すべき山バカの顔でした(^^

atelierBluebottleさんのプロダクトは、いたずらに軽量化に走ったものとは異なり、「しっかりと物を入れて、そして運ぶ」という鞄本来の役割を持たせつつ、可能な範囲での軽量化を行っているというバランスの良い製品だと思います。UL系のバックパックは華奢で今ひとつ使っていて心配、と言う方、是非一度その製品のこだわりを見てみて欲しいです。

■atelierBluebottle
http://www.atelierbluebottle.com/index.html

■Hike+Like
http://hikelike.com/blog/?p=2142
※現在欠品中との事ですが、興味のある方は店頭に問い合わせしてみてください。