黒斑山(Jバンド)ハイク2日目、火山館で休憩をしたあと、いよいよ外輪山へのハイクアップ!
DSC04525
外輪山に近づくにつれて青空も見えてきました。今日はハイク日和!
火山館から外輪山へのハイクアップには「草すべり」という急登を登っていきます。
DSC04526
ほとんど垂直に近いような斜面をスウィッチバックでジグザグに登っていくのですが、その標高差はおよそ300mほど。これを短い距離で一気に上がるのですが、多分登りの方が楽ですね、ここは。途中下ってくるハイカーさんとすれ違いましたが、「ここはキツイねー!」と笑っていました。ここまで斜度があると下る方が恐怖心もあって大変そう。
でも振り返るとこの景色がどーん!
名称未設定-2
絶景!浅間山の姿も全体が良く見えてます。
DSC_3642
高度感伝わりますかね?あの下の草地から上がってきてるところです。

DSC04532
火山館から1時間ちょっとかけて8時37分、稜線の分岐点に到着。ここからはもう大きなアップダウンはありません。一安心・・。

DSC04533
少し歩くと黒斑山のライブカメラ施設が見えてきます。ここのすぐ先が・・・
DSC04537
山頂!本日の最高地点、標高2,404m黒斑山!目の前には浅間山、絶景!

DSC04535
左前方にはJバンドに続く稜線。これからあそこを歩くわけです。テンションも自然とアップですね〜。

DSC04540
取りあえず一ッ飛び!ちょっと腕が切れてしまってリテイクしようかと思ったら山頂に人が増えてきたので断念。
先を急ぐことにします。
DSC04566
一旦樹林帯の中に入って
DSC04567
Jバンドへの案内板。

DSC04569
DSC04571
樹林帯を抜けるとこの解放感!右手はすぐに切れ落ちているので、景色に見惚れてばかりいると足を踏み外したりして危ないのでしっかりとトレイルを確認しながら歩きます。・・・でもやっぱり視線は目の前の圧倒的な存在感・浅間山にどうしても行ってしまいますね。

DSC04574
振り返ると富士山もアタマをちょこんと覗かせていました。

DSC04578
黒斑山から20分ちょっと、9時17分蛇骨岳に到着。先ほど黒斑山でイマイチだった山頂ジャンプをやり直そうかと思ったのですが・・・思いのほか人が多くてこちらもスルー。
標識の向こうには四阿山などの山並が。徐々にこちらの山にも足を運んで行きたいところですね。

DSC04583
ここからが外輪山稜線歩きの醍醐味!浅間山を眺めながら白い稜線を歩いていきます。本当にキモチイイ!

DSC04585
回りに高い山は浅間山だけ、そして稜線も細いため高度感があってまるで空を歩いているかのよう。
右側はかなり切り立った崖になっている箇所もあるので注意は常に必要ですが、この絶景のトレイルはタマリマセンな!

DSC04587
DSC04588
9時31分、仙人岳を通過。

DSC04589
稜線の細さが良く分かる写真。左手もなだらかですが下までほとんど遮るものが無く続いていて、右側は岩肌の向こうはこちらも下まで一気に落ちている崖です。
DSC04590
こんな感じ。うひゃあ・・・・!

DSC04595
途中、稜線からちょっと出っ張ったところがあったのでここで山頂ジャンプのリベンジ!
浅間山をバックにFly High!

DSC04612
Fly Highも終えて満足げに稜線を下ります。
この先はいよいよあのJバンド。
DSC04615
どうやら浅間山外輪山にある岩稜帯のことをJバンドって呼んでるらしいですね。しかしなんでJバンドなんですかねえ?
DSC04616
ここからは一気に200mほどの岩場を賽の河原まで下っていきます。トレイルも細く浮石が多いので、出来るだけ山側を歩き、浮石に足を乗せないよう、落石を起こさないように慎重に下っていきます。

DSC04619
それにしても、こうやってみると、まるで岩の劇場みたいですね・・・!