権現岳からの下山途中。
DSC04175
見晴らしの良い場所から、南アと雲海に富士山。天気は日が昇ると共に回復していきます。


正面に昨日昇った編笠山と、その向こうに広がる南アルプスの山並を眺めながら青年小屋へと向けて下山します。
DSC04180

DSC04182
歩いていると徐々に青空も広がってきて、辺りも明るくなってきました。この分なら昨晩結露していたテントも良く乾いていそう。さすがに草地に雨上がりだけあって結構結露はありましたね。

DSC04183
7時44分、青年小屋に到着。山頂からは1時間かからないくらいで降りてきました。
さっそくシュラフを干したりしながら撤収準備に取り掛かります。

DSC04185
振り返ると青空を背負った権現岳が。ついさっきまであれだけ雲が多かったのに一気に晴れてきましたね。
お陰でMETA1Pも良く乾きます。
DSC04189
各自撤収中。

DSC04190
途中隊員Tと自分はお腹が空いていたのでちょっと腹ごしらえもしながら・・・
これで結構時間食ってしまいましたね、ノブタさんお待たせしてすんません。。。
いつも隊員Tと行くと撤収にはなぜか時間がかかるんですよね。何でだろ?

DSC04192
なんとか荷物もRPMにパッキング。
荷物は減っているはずなのに来た時以上にパンパンなのは何故だろう・・・。

DSC04195
テント村のあった場所は綺麗サッパリと撤収完了。ここはまたのんびりハイクをしに来たい場所。秋なんかもいいかも知れないですね。

DSC04198
青年小屋の前で最後記念撮影をしていただき・・・
DSC04199
9時16分、青年小屋を出発!
今回はあんまり小屋の中を見られなかったけど、小屋泊で来れば中で飲めるのかな?
いずれにしてもまた訪れたいテント場が一つ増えました。

DSC04202
DSC04205
それにしても、来る時はさほど気にしていなかったのですが下りは結構しんどい・・。
大き目の岩もゴロゴロしているし、湿っているので滑り易いし、木の根も張り出しているし・・こんなに歩きにくいトレイルだったっけ?なんて話ながら下山します。

DSC04206
それでも時々差し込んでくる朝陽の光に森が照らされると一瞬、ふわっと空気が変わるような感覚。
こんなトレイルが本当に気持ちがいいのです。

DSC04209
45分ほどで押手川分岐に到着。
行きと同じくここで小休止。外国のハイカーさんが休んで記念撮影してました。
途中でも何名かすれ違いましたね。

DSC_3510
基調なRPM×2
もう廃盤になって2年ほど経つけどバリバリ現役。でもそろそろ30L前後のバックパックが欲しい感じ。
幾つか目をつけているものも有るけど・・・ね。
でもやっぱり使いやすいです。

DSC04210
押手川を後にして再び出発。この辺りからは比較的歩き易いトレイルに変わります。

DSC04213
押手川分岐から20分ほどで雲海を通過。

DSC04214
そう言えばこの辺り、来る時はカエル?か何かの鳴声が凄かったです。雨上がりだから鳴いているのかと思いましたが下山時も結構なうるささで。良く聞いてみるとカエルではなくどうやら虫、セミの類のようでした。
真偽は分かりませんが・・・。
日帰りのハイカーと何名もすれ違いながら進みます。

DSC_3513
木々の葉もだいぶ緑が濃くなりましたね。
もう夏がすぐそこまで来ていることを教えてくれているかのようです。

DSC04216
10時57分、観音平駐車場に到着・・・すると、ある意味予想通り、そして予想外でもあったのですがこの車の数!
やっぱり前日は早めに駐車場に来ていて良かった・・・と改めて実感しました。そして車はあまり角に停めない方がいいですね。ヘタすると出せなくなってしまいそう。実際出す時にはちょっと神経使いました。

下山後は、温泉を調べるとすぐ近くの道の駅こぶちざわにある延命の湯などが出てくるのですが、隊員Tの提案でここは少し離れた蔦木宿まで行くことに。
DSC_3516
時間が早かったこともありますがこちらの方が延命の湯よりは全然空いていました。
ちなみにこの近くには「フォッサ・マグナの湯」という少々マニアックな温泉もあります。
もしここが混雑している場合は、車の方なら足を伸ばしてみてもいいかも。

DSC_3515
温泉でサッパリしたあとはこれまたさっぱり蔦木宿でざるそば!
ここは以前来た時に食べたラーメンも美味しかったんですが、さすが信州、そばもやっぱり上手い!


今回はblogで繋がったハイク仲間とのテン泊登山、色々なことが刺激となり、また勉強にもなり反省にもなり・・・とにかくあっという間の2日間でした。
そして初めて挑んだRPMでのハイクは、色々と参考になるデータも取れました。
実際問題として、RPMに今回のようなテン泊装備を詰め込むことは、軽さというより如何にコンパクトにパッキングするか、という点でとても参考になりましたね。これをベースにすれば夏山の計画は、アトモス50で考えるならば3泊〜4泊は可能でしょう。そして靴について、META1Pの結露・雨について、さらにはシュラフカバーの性能チェックについても・・・非常に有意義なハイクでした。

早くも次は夏山、赤岳鉱泉で生ビール飲もう!という計画が。だいぶユルーりとしたハイクだったんで、次はガッツリ歩きたいですね!
また一緒に山歩きに行きましょう!


◆登山データ
1日目:
観音平駐車場(6:48)→雲海(7:30)→押手川分岐(8:00)→青年小屋(9:05)→まったり→青年小屋(12:20)→編笠山山頂(12:44)→青年小屋(13:15)→ひたすらマッタリ→19:35就寝

2日目:
青年小屋発(5:34)→権現小屋(6:23)→権現岳(6:39)→青年小屋(7:44)→撤収準備→青年小屋発(9:16)→押手川分岐(10:01)→雲海(10:29)→観音平駐車場(10:57)