草地が気持ちの良い青年小屋のテント場。
DSC03999
それぞれの幕を張り終えたら、まずはカンパイ!まだこの時朝の10時過ぎです・・・w
カンパイの後、近くの水場に水を汲みに。テント場からは歩いて5分もかからないくらいですが、道がかなりぬかるんでいた為非常に歩きにくい、そして滑り易かったです。特に帰りは水を持っているのでバランスを崩し易く要注意ですね。
DSC04004
水量豊富な「乙女の水」。キンキンに冷えていてとても美味しいです。

この後はしばらくフリータイム。時間はたっぷりあるのでお昼くらいまで1時間ちょっと、各自幕に戻って仮眠をすることにしました。
DSC04005
12時過ぎ、仮眠から起きてテント場を見渡すと随分とテントが増えてました。やはり人気の小屋だけありますね。大勢の団体ハイカー、ソロ、カップル、親子連れなどバリエーションは様々。その中でも自分達のテント村はちょっと異色な雰囲気だったかもしれませんね・・・(^^;

DSC04006
一眠りしてスッキリしたところで、雨が降り出す前に今日のPEAK、編笠山を目指します。
青年小屋のすぐ裏手にあるルートを30分も登れば山頂に到着。といいつつ、序盤のこの岩場はなかなかに歩きにくいです。滑ったりすると大怪我にもなりかねないので注意して進みます。
DSC04009
DSC04011
DSC04016
途中にあったヒカリ苔。しばらく探してみたのですが・・・光ってるところは見えませんでした。
DSC04007
後を振り返ると明日昇る予定の権現岳(右手)が見えます。
稜線にはうっすらと権現小屋も。

DSC04018
急な斜面を登ること20分ちょっと、編笠山(2,523m)に到着。せっかくなので4人で記念撮影・・・カメラを置いた場所がちょっと悪かったかも。
DSC04024
DSC04025
そして久しぶりの山頂FlyHigh!
クリスタロなので上手くジャンプ出来るか微妙でしたけどなんとか・・・!
編笠山は丸く広い山頂で、ほぼ360度大パノラマです。この日は生憎の天候で回りの山はほとんど見えませんでしたが、晴れていれば奥秩父から富士山、南アルプスみ中央アルプス、北アルプスに八ヶ岳の山々と全部見渡せそう。うーん、晴れているときにリベンジしてみたいかも!
DSC04037
しばらく山頂でのんびりしていたら雨粒が落ちてきたので早々に撤収することに。
DSC04042

DSC04046
この後は再びテント場でお昼を食べたり、まったりと飲んだり。
DSC04048
途中、一度通り雨があったけどもkざっと降られたのはこの時だけかな。
DSC04049
そう言えば今回自分以外のメンバーは全員傘を持ってきてました。傘あると以外と便利なんですよね。普段雨が降りそうなときは自分も折り畳みを持っていくのですが、今回はRPMに入りきらなかったので断念・・・。でもストレートの傘も捨てがたい。
色んな人とハイクに行くと色々と自分が持っていないものを目にすることが多いので、物欲が刺激されまくって困りますね(^^;

DSC04052
しばらくすると今度は青空に眩しい太陽!この天気の移り変わりもまた山の醍醐味です。

DSC04060
天気が良ければそとで寝っ転がってのんびり・・・。こういう時間がホント最高に幸せ。こんなのんびりのスタイルはやっぱり自分には合ってますね〜。

そうそう、ノブタさんに見せてもらったMYOGのアルコールストーブと五徳。
DSC04000
造りがしっかりしていてクオリティ高いです!三鷹にある某SHOPに置いてあっても違和感無いかも・・・。
安定感もありそうでいいですね〜。ちなみにちゃんと折りたためます。
ペロさんも自作アルスト持ってきていたし・・・いずれチャレンジしてみたいですねえ。

DSC04062
せっかく時間がるのだから・・と、隊員Tが持参したGOLITEのポンチョタープを使ってタープの設営講座。講師はタープマニアのペロ先生。
タープは内部の居住スペースや張り具合、風向きや結露などを考えて張らないといけないみたいですが、先生が張っているのをみていると超簡単そうにテキパキと設営していきます。
DSC04064
で、あっという間に完成!
DSC04066
ポンチョタープ、最初見たときはあまりスペース取れないんじゃない?と思ったけど実際張ってみると意外と中は広いですね。天気が良くて、寒くなくて、虫がいなければ一度くらいやってみたいかも・・・。

その後も山やギア、そしてアレやコレな話で盛り上がり、気がつけば時間も18時過ぎ。日のあるうちにと晩御飯を各自済ませます。
DSC04070
DSC04071
この日は手抜き・・というか超簡単に。セブンイレブンの豚角煮にコールスロー、FDのドライカレー。
なんだか荷物の軽量化を言い訳に食事に手を抜いてるみたいな感じも・・・ちょっと反省。
DSC04074
辺りもすっかり薄暗く。
そうそう、実はペロさんは明日用事があるため自分達より一足先に下山することになっていました。
そのため、ペロさんが出発する時間に合わせて自分たちも起床することに。
明日の朝は4時起きです。

DSC04078
自分のシェルターで荷物を片付けたりして、ふと外を見ると隊員Tが・・・w
外にクッカーや飲みかけのビールを置いたまま、自分はツェルトの中に入ってそのまま靴も脱がずに力尽きてました。運転もしたし寝不足にお酒だし・・・まあいつものことですがw
この後何とかTを起こして靴を脱がせて、ツェルトに押し込みました。

DSC04080
気温は6度前後。外にいると少し寒いですがシェルターの中はそれほど寒くはないです。
DSC04072
この日は先日購入したシュラフカバーについてもテストを兼ねていました。草地、雨上がりと条件はあまり良くありませんが、どの程度の撥水性と、カバー自体の透湿性はどうなのか・・・。答えは翌朝に。

DSC04092
辺りもすっかり暗くなり、時間は19:35分。
なんだかとてものんびりとした一日も終わりです。
明日は4時おき、天気が回復していることを祈って、おやすみなさい・・・・。