山にも行けない週末土曜。運動不足解消のために久しぶりに三鷹へチャリってきました。
DSC_3430
なんとチャリは1月末の下北以来。。。そりゃ体重も増えますね(^^;
自宅からチャリで約40分。いつもの道を通って三鷹・Hiker's Depotへ。
DSC_3432
到着したのはお昼過ぎ。
DSC_3436
そう言えば以前ペロさんが試着してたアクシーズクインのレインウェア置いてありましたよ。

お客さんは自分ひとりだけ。しばし店内を物色。ふと目に付いたのがこのバックパック。
DSC_3433
DSC_3434
CILO GEARというメーカーのZIP30。CILO GEARはオクラホマのガレージブランドで、主にアルパインクライミング向けのアイテムを製造・販売しているそうです。
このバックパック、容量は30L、イメージとしてはかつてのGOLITE IonやBlackDiamond RPMい通ずるシンプルさがあります。天蓋は背面側からガバっと開くタイプで、中には取り外し可能は背面パッドが装着されてます。恐らく大きさからして背面パッドをはずしてリッジレストや山と道のU.L. PADを入れる事は可能でしょう。
クライミングバックなのでウェストハーネスはついてません(オプションで有るそうです)。重量は950g。土屋さんに聞いたところ耐過重は10kgくらいまでは行けるだろうとの事。元々アルパインクライミング用のものなので他のメーカーの同クラスのバックパックよりも頑丈な生地が使われてます。これかなりいいです。色は↑のパープル(青っぽいけどもっと紫色よりです)とライムグリーンがありました。
RPMは不朽の名作なのでずっと手元に残すつもりですが、如何せんヘビロテなのでそろそろこのクラスのローテーション用も考えた方が良さそう。JAM35とかULAのCDTとか辺りを候補にしていたけど、これも非常にそそられます。ただしお値段高めの36,800円・・・うーむ・・・(^^;

で、肝心の靴の話。防水ソックスの運用なども含めて色々と土屋さんに相談。
現在履いているシューズがマウンテンマゾヒストで買い替えを検討、下山時にやや膝への痛みが出ることがある、などその他ハイクスタイルなどを伝えてみると、進められたのはこスポルティバのウルトララプターと、ALTRAのLONEPEAKでした。
DSC_3435
この2足、完全に対極にあるシューズ。
ウルトララプターは先日試し履きした際にも感じたとおり、プロテクションがしっかりしていて、足の保護、そしてシューズの性能によってハイカーの限界値を引き上げるタイプ。
一方でLonepeakはシューズによる保護ではなく、足本来の能力を発揮させ、ハイカーの限界値内で歩くことを前提としたタイプ。Lonepeak自体は早く走ったりする事を目的としたシューズではないそうで、ナチュラル指向のシューズといった性格を持っています。

なるほど。話を聞いているとやっぱりその2つの性格がはっきりと分かります。
そしてそれに適したハイクスタイルも明確です。ウルトララプターなら従来のハイクスタイルも担保しつつ、U.Lまでカバーできると思いますが、Lonepeakの場合は完全にU.L特化型と言ってもいいシューズですね。まず荷物がある程度軽いことも前提でしょうし、さらに言うとフォアフットの歩き方に慣れるまでは足の痛みやハイクの違和感があるかも知れないですね。

こうなると、Lonepeakを購入して一気にスタイルをU.Lに持っていく、というのも一つの手ですし、ウルトララプターで徐々にシフトしていくという方法もアリでしょうね。ただやはり北アとかのガレたトレイルを歩くことを考えるとラプターのほうがいい気もするけど・・・。
という事で2つのアプローチを提案され結論は出ないまま店をあとにしました。

その後はお決まり、井の頭公園のベンチでコーヒー。
DSC_3437
DSC_3439
セブンイレブンで売ってるこのクッキー、シリアル感がたっぷりでお気に入りです。

キンキンに冷えたコーヒーを飲んで一休みしてから自宅へと戻りました。
あーシューズどおしようかなー。