シェルターやツェルトを使う人にとっては恐らく当たり前の装備、そうでなくても湿度の高い場合、冬季などは使う人の多いシュラフカバー。
57e6e622
今までは使用しているテントがダブルウォールのHUBBAHUBBA HPだったので、あまりテント内の結露などは気にすることは無かったのですが、META 1Pを使ってみて、改めて必要性を実感しまして・・・。
重い腰を上げて、きちんと導入を考える事にしました。
シュラフカバーと言っても、自分に必要なのはきわめてライトなもの。
今のところ厳冬期の連泊などは予定にないし(せいぜい冬の奥多摩くらい)、基本的にはまずシェルター内の結露からシュラフを保護できればまず問題はありません。という事でGORE-TEXモデルなどは当初から除外。
ちょっと調べてみると出てくるのが以下の辺りかな。

■イスカ ウェザ−テック シュラフカバ− ス−パ−ライト
201602
3レイヤー構造の防水・透湿性をもったウェザーテックを使ったシュラフカバー。
透湿性能は耐水圧:15000mm前後、透湿度:10000g//24h前後。GOREなどよりは劣るけどシュラフカバーとして考えるのであれば十分過ぎる性能。3レイヤーなのでシュラフなしでも使える。
重量:410g
価格:10,500円

■モンベル ブリーズドライテック U.L.スリーピングバッグカバー
k1121027
こちらは2レイヤーなので単体使用は出来ないけども、ジッパーなども省略して軽量化が計られたモデルで、重量は180g、耐水圧25,000mm、透湿性15,000g/m2/24hとかなりのハイスペック。
お値段も11,500円とさすがモンベル、庶民の味方。

それから、これもシュラフカバーとして使えそうだなーと思っていたのがこちら。


aandfshop_12990010000000
実際使っている人も多いみたいで、ペロさんも使ってたかな。
こちらは不織布を使って内側にはアルミ蒸着して保温性と透湿性を持たせたもの。
重量は約250g、お値段は標準価格で7,560円と、上記2製品に比べて大幅に安価。だたその材質の特性上、耐久性がどの程度あるかは未知数。

ここまで調べてみると、なるほどイスカとモンベルのはさすがに製品がしっかりしているだけあって安心感もありますね。その分お値段も1万以上だけど、まあこれは仕方ないところでしょう。
うーん、でも実際はもうちょい安いのが欲しい、SOLも良いんだけど耐久性がちょっと気になるのと、参考値とは言え耐水性や透湿性の数値が出ていないのが気になるんだよなあ。


で、さらに調べてみたらこんなのを見つけました。

■オクトス 透湿防水シュラフカバー・ライト/ワイド
01l
オクトスというと、格安のテントが有名な知る人ぞ知る登山メーカー。なかなかツボを心得た商品を作っているメーカーさんです。
こちらのシュラフカバーは東レのエントラントという素材を使ったもので、調べてみたら一応選択20回でも性能は落ちない程度の耐久性はあるみたいです。

■ネイビー部分(背面)
耐水圧:10000mm
透湿度:5000g//24h
■ライムグリーン部分(表面)
耐水圧:800mm
透湿度:6900g//24h

と、要するに濡れ易い背面には耐水性の高い素材を、表面は多少耐水性を犠牲にすることで軽量化と透湿性能を若干ですが向上させてます。重量は約290g。まずまずの数値ですがお値段がなんと6,280円。耐水圧と透湿性はイスカやモンベルのものと比べれば半分または3分の1程度ですが、前者2つがシュラフカバーとしてはかなりオーバースペックであることを考えればこのくらいの性能でも妥当かもしれません。


シュラフカバーは中の人間からの発汗による油分なども吸着するので、何回かに1回は洗濯が必要であることを考えるとやはりSOLではなく、その他3つから選んだ方がいいかもですね。
重さで言えばモンベルが一番良いですが、コストパフォーマンスを考えるとオクトスのシュラフカバーもアリかもしれないですね。この値段なら万が一失敗してもまあいいかなぁ・・・とは思えそうです。