前回記事で書いた、ソールがダメダメになってしまったマウンテンマゾヒスト2に変わる新たなシューズ選びの旅。
DSC_3401
仕事のあと、さかいやに駆け込んでちらっと見てきました。
まず、先日の記事でもosonさんに指摘されて興味のあったALTRAのLonepeakをチェック。
DSC_3400
見た目もですが、その履き心地はのっぺりした感じというか、サンダル感にとても近いですね。
アッパーの柔らかさやグリップ自体は試着してみた感じではとてもよかったです。足の形に合わせてソールがよく追従するので、路面を的確に捉えるようなスタイルだとこれはとても良さそう。
ただ、このLonepeak、詳しくはHiker's Depotさんの説明を参照してもらいたいのですが、要するに人間の足が本来持っている衝撃を緩和する能力を正しく引き出す事をテーマとしたシューズ。
そのため、シューレースをかなりきつく締めた場合でも土踏まずの先、足の指などはシューズ内でもかなり自由に動きます。これが個人的にはNGでした。指先が動くと擦れてしまい、歩いてて痛みが出てしまうんです。
実は今履いているマウンテンマゾヒストも、足先のシューレースはしっかりと締めないとこの症状が出るため、時々緩んだりすると途中で締めなおしたりもしてたり・・・。
個人的にはベアフットまではやるつもりはないのですが、興味があっただけに今一つピンと来なかったのが残念でした。もしかしたら実際にトレイルで履くと違うのかも知れませんが・・・。

続いて履いてみたのはスポルティバのウルトララプター。
_SL1000_
これはLonepeakとは反対に、足にしっかりとフィットして、かつカッチリ感が強い印象。ソールも剛性感が強く今までの登山靴に雰囲気は似ています。以前隊員Tがラプターを購入した時も似たような印象を話してくれましたがまさにそんな感じ。ただ、このシューズUTMFとかに出る人も買うらしく、自分みたいな一般ハイカーが履いてもいいものか・・・山に行ったら変に勘違いされそうな気も(^^;
ちなみに同社のWildcatも興味があったのですが、さかいやでは取り扱いは無いそうで。店員さん曰く「Wildcatはアッパーが弱い」との事。まあこれも履き方次第なんでしょうけど。

そうそう、スポルティバで気になっていたカンタムは無かったのですが、同じモルフォダイナミックソールを搭載しているエレクトロンがあったのでみてみましたが・・・
16jgl-1
こちらのソールは非常に柔らかい、というか粘っこい?これがいいんでしょうけどね。履いてみたい靴ではありましたが時間の都合で詳しくは見られませんでした。

最後に履いたのがサロモンのXA PRO 3D ULTRA 2。
437e4af8
ソール、アッパーのカッチリ感はウルトララプターより上ですね。ソールというか、アッパーの先端部分、指先をぐるりと囲んだ部分の剛性感が強い印象。そして結構幅広で、Lonepeakほどではありませんがやや足先のアソビが多いかな。あと、これは好みの問題ですがやっぱりクイックレースがあまり好きになれないかも・・・。普通のシューレースに慣れているとどうしても調節幅が限定されるクイックレースにとっつきが悪い。店員さんも同じクイックレースのミッションを履いてるらしく、すぐに慣れたと言ってましたが・・・。デザインとかハイテクっぽくて好きなんですけどね〜。


それにしても、マウンテンマゾヒスト2の購入前はミッドカットという限定要素があったため選べるシューズも限られていたのですが、その枠を取っ払った途端選択肢が多すぎて大変です(^^;
あ、そうだInov-8のロックライトも試着出来なかった・・・また時間が出来たら試しにいかないと。
あとはブルックスのCASCADIA8も進められたんだった、ああ、妄想が追いつかないww