かねてより計画していた武甲山〜小持山〜大持山ハイクに行ってきました。
DSC03812
武甲山は2010年以来実に3年ぶり。小持山と大持山は約2年ぶりです。
途中立ち寄った横瀬のコンビニから見える武甲山。迫力のですが、この姿を見るたびに、人の功罪と言うものを考えさせられますね。
今回はTwitterのフォロワーさん、そして沼津アルプス以来Rちゃん、隊員Tにウチの嫁さんという、異色かつ珍しく大所帯でのハイク。これだけの人数では滅多に歩く事がないので色んな意味で新鮮です。
DSC03811
途中、参加メンバーをピックアップし、一路秩父の武甲山登山口・生川基点へと向かいます。

DSC03813
さすがに土曜日とは言え朝早い時間の道は空いていて順調に登山口となる生川に到着。しかし油断してました、ここは秩父の名峰武甲山の登山口。人気があるのは当然の事で、既に駐車場は満車状態。仕方ないので道路わきの通行の邪魔にならないスペースに車と停めて準備に取り掛かります。

DSC03814
準備が完了したら8時04分、生川・一の鳥居登山口を出発です。それにしてもハイカーの多いこと!
まあ、こちらも多いんですけどね。

DSC03815
一の鳥居の狛犬は痩せちゃっててなんかおっかない感じです。

DSC03817
DSC03819
それにしても良い天気です。この週末は、直前に関東も梅雨入り宣言があったばかりで天候がやや心配されていましたが、そんな宣言を吹っ飛ばすほどの快晴。青空に新緑が良く映えます。

DSC03821
一の鳥居から20分ほどで武甲山の登山口に到着。ここからが本格的な登山道になります。

DSC03824
登山口を少し上がったとこにある不動ノ滝。

DSC03828
この時期はまだそれほど暑くも無く、虫もあまり出ていないのでトレイルは快適。そのせいもあってかハイカーも多かったです。

DSC03834
スタートから1時間ほどで大杉広場に到着。ここの杉は相変わらずの迫力ですね〜。
DSC03837
しばらくここで一息ついてから出発。あまり急がずゆっくり歩いているつもりですが、ここまでCTはなかなか良いタイムです。

DSC03838
今日は隊員Tも自分もBlackDiamondのRPM。良く考えてみれば隊員T日帰りでハイクに一緒に来るのは2年前の年末の塔ノ岳以来。それ以外は大体テント泊なので、RPMが2色揃うのも随分と久しぶりです。

DSC03843
DSC03845
フォロワーさんとは今日が初対面、気さくな方ですぐに自分も打ち解けられました。女性陣もペースが同じなので楽しそうに話ながら登ってきます。こういったペースのハイクはあまり無いので新鮮ですね。

DSC03848
武甲山山頂へのトレイル脇には、奥秩父を思わせるような濃い苔も生えていました。これから梅雨を向かえ、初夏の頃にはもっと瑞々しくなって見ごたえのある苔に育ってくれるでしょうね。

DSC03852
5人揃ってワイワイ話しながらだと道中もあっという間。予定していたCTよりもだいぶ早く武甲山の山頂部に到着。
DSC03855
武甲山御嶽神社を過ぎて
DSC03857
10時04分、久しぶりの武甲山の山頂へ到着!やっぱりハイカー多し。3年も経ってますが、山頂標識が新しくなっていました。
DSC03860
上から覗き込むと採掘場が少し見えます。その奥には秩父の街並みが。この対比がなんとも言えない雰囲気なんですよね。。。

時間もまだ早いので一旦神社下まで戻って小休止。行動食などを各自採ってから、小持山・大持山へと出発です。
DSC03861