DSC_3314
新緑眩しい、初夏のトレイルへ。
高山不動尊を後にして、一旦東参道を抜けて車道を歩く事約10分。
DSC_3310
見晴台方面への入り口に到着。ここからまた登山道がしばらく続きます。

DSC_3313
DSC_3314
登山道から少し上がると、そこは新緑のパラダイス!見上げれば目にも鮮やか、まぶしすぎるくらいの新緑がずっと続いていました。

DSC_3315
先日の奥秩父ではまだ新緑に早かったので、今年初の新緑ハイクって事になりますかね〜。いや、気持ちいい!

DSC_3316
入り口から10分弱で途中のピーク「丸山」に到着。本当はここにの手前の登りで、この丸山が「関八州見晴台」だと思って思わずダッシュしてしまったのだけど・・・勘違いでした(^^;

DSC_3317
丸山のピークを過ぎるとこんな標識が。「もう少しダヨ〜」と書いてある手前には「まだ先」とも書いてあり・・・どっち??

DSC_3318
DSC_3324
少し進むと今度はつつじのトンネルが出てきます。ちょっと時期は終わりかけですが、かろうじてまだ花も残っている感じ。花もきれいなのですが、それよりもツツジの奥の方から聞こえてくる「ブーン・・・」という大量の重低音の方が気になります・・・・。

この坂を登りきったところで一度車道にでて、さらに右手に進むと
DSC_3325
またも入り口!ここが本当に最後の登山口になります。

DSC_3327
その先にもさっきよりも多いツツジのトレイル。やはり重低音が気になるので足早に通り抜け・・・

DSC_3329
DSC_3332
ラストの坂を一気に登り、9時13分、関八州見晴台に到着!
DSC_3330
DSC_3331
その名の通り、見晴らしは最高!この日は少し霞みが多くて、遠くの山までは見渡せませんでしたが、北側には秩父の名峰・武甲山が間近に良く見えています。
もっと空気が澄んでいれば、遠く丹沢や奥多摩、その向こうには富士山や、都心部、スカイツリーなども見渡せるみたいです。まさに安房、上野、下野、相模、武蔵、上総、下総、常陸の関東八州を見渡す場所にふさわしい景色。もっと空気の澄んだ秋や冬に来るといいかもしれませんね。この冬雪でも降ったらスノーハイクを兼ねて来るのも楽しそう。

せっかくなので、と東屋で少し休憩をしましたが、今日は夕方から結婚式の二次会。
本当はここから高山不動を経由し、八徳集落を抜けて吾野まで歩くつもりだったのですが、時間を優先して西吾野にピストンすることに。代わりに途中分岐のあったパノラマコースを歩いてみる事にしました。

そうと決まれば9時26分、下山開始。
DSC_3333

DSC_3338
先ほどの新緑トレイルを抜けて・・・

DSC_3340
9時46分、高山不動尊を通過。
ちなみに嫁さんがここの階段を数えて降りてみたら合計109段あったそうです。もしかしたら数え間違え?かもしれませんが、人の煩悩の数+1つでした。

DSC_3342
再び樹林帯のトレイルへ。
この時間になると登ってくる人が多くなってきます。すれ違うハイカーには「もう下山ですか??」と驚かれましたが、まあ、そうですよね。普通はこの時間から登るような山でしょうから・・・。

DSC_3343
気持ちの良い尾根道、嫁さんも珍しくダッシュ。

DSC_3344
10時05分、パノラマコースとの分岐に到着。ここを左手に進みます。

DSC_3347
DSC_3348
パノラマコースは「巻き枯らし間伐」という珍しい間伐方法を実施しているところを通ります。
そのため、
DSC_3349
こんな風に腐って倒れた木があちこちにそのまま放置されてます。
これが本来の自然なんでしょうね。とは言え、まったく整備されていないわけではないのでところどころ人工的に切られた木もありました。

ちなみにパノラマコースと言っても特に展望がすばらしい!とかは全くありません。
DSC_3350
比較的急な斜面を、しかも木の根が張り出していて結構歩きにくいルートを下っていきます。
そしてこちらから登ってくる人は多かったですが、自分達が登ってきた間野集落登山口の方が気持ちよかったかな〜。

DSC_3351
そして何故かところどころムーミンの標識が。なんだろうと思って調べてみたらコレでした。

DSC_3352
DSC_3353
杉の樹林帯を過ぎると緩やかな新緑の林道へ。ここでも多くのハイカーとすれ違いました。西吾野は反対方面に歩くと飯能アルプスも低山ハイクとして歩けるのですが、同じようなお手軽コースとして関八州見晴台へのルートも人気があるみたいですね。

DSC_3354
10時47分、おそらくハイキングでは最短記録で西吾野に無事到着!時間的にはこれからもう一登り出来そうな感じですが、今日は株主優待券を無駄にしないこと、そしてサックリ低山ハイクを楽しむ事の2つが大きな目標だったのでまずはOK。
ちょうど11時過ぎの西武線が来たので電車に乗り込み、帰路に付きました。

余談ですが、途中飯能で乗り換えた時に乗った電車
DSC_3355
これで中華街までホントに行けるんですねえ・・・飯能で山に登って、そのまま中華街へ、なんて事も簡単に出来るようになったというのはスゴイというかなんと言うか。

◆登山データ
西吾野駅(07:16)→間野集落登山口(07:31)→萩の平茶屋跡(08:02)→パノラマコース分岐(08:07)→高山不動尊(08:30)→休憩→高山不動尊発(08:45)→関八州見晴台(09:13)→関八州見晴台発(09:26)→高山不動尊(09:46)→パノラマコース分岐(10:05)→西吾野駅(10:47)