熊笹帯に入ると、一気に空が近づく。
DSC_3058
目指す峠は、もうすぐそこ!
標高も1,700mを越えた辺りから熊笹に覆われた広々としたトレイルに変わっていきます。徐々に木々の間隔もまばらに。
DSC03284
なかなかの斜度のある斜面なのですが、スウィッチバックするように登っていくため見た目ほどのキツさはありません。
一歩一歩空に近づくような感覚で登っていくと・・・

DSC_3063
DSC_3065
日本三大峠、雁坂峠(2,028m)に到着!
のんびり歩いて、休憩込みでちょうど4時間弱。それでも時間は12時過ぎだし、十分過ぎるペース。
そして
DSC03287
DSC03290
DSC_3060
この展望!雲ひとつなし!水晶山〜笠取山方面、富士山に甲武信ヶ岳〜金峰山方面もばっちり。それにしても甲武信ヶ岳から先はここからでも雪が結構目立ちますね・・。

こんな展望、そして快晴の天気に思わずテンションも文字通り天に昇るような気持ちよさ!
DSC03312
DSC03318
DSC03320
ヒャッホーい!!w


雁坂峠からの展望を存分に楽しんだ後は、一路雁坂小屋へ。
この天気でこの時間、早くテントを張ってのんびりしたい・・!
DSC03321
小屋へ向かう巻き道の途中から、秩父の名峰・両神山がその独特の形を見せてくれていました。
DSC03322
その向こうにはうっすらと上州の山々。赤城とか、谷川方面でしょうかね?
両神山もそう言えばガスの中でしか行ったことがないんだよなあ・・こんな快晴のときにまたリベンジに行きたいですね〜。

DSC03324
峠から雁坂小屋までの巻き道は北側の斜面に当たるところはかなり残雪あり、場所によっては凍結箇所もありました。踏み抜きの後が多く結構深いです。急斜面のところもあるのでアイゼンを着けた方が安全ですね。

DSC03326
雪道を慎重に下ること20分、12時40分、雁坂小屋に到着。
なんだか甲武信小屋に通ずる雰囲気のある山小屋の姿ですね。さて、早速受付をしてテントを張ろう、そしてお昼にビール!