2013年GWは「勝手に奥秩父特集」!
DSC_3033
まずは4月28日〜29日、1泊2日で「峠と峠を繋ぐハイク」に行って来ます。
当初の予定では大菩薩嶺でまったりハイク&キャンプの予定だったのですが・・・事前に情報を調べてみると親子連れや学生などで大にぎわいらしく。GWとあれば望むべくもないのかもしれませんが、少しでも静かで人の少なそうな場所はないか・・・と探していたところ、ちょうど奥秩父縦走を計画している時に、ソロで車でさくっと行くならちょうどいいのではないかと思っていたルートがありまして。
それが西沢渓谷にある「道の駅みとみ」から雁坂峠〜水晶山〜古礼山〜燕山〜雁峠〜新地平へと下る周遊ルートです。まさに峠と峠を繋ぐハイク。
雁坂峠は日本三大峠の一つにも数えられていて、その牧歌的な雰囲気はかねてより歩きたいと思っていたルート。今回後半のソロでは組み込むことが出来なさそうだったので、かえってちょうど良かったかも。

という訳で今日は帰宅後に早速パッキング。
DSC_3032

DSC_3030
自分のATMOS50はベースウェイトが10.8kg。
今回は嫁さんと2人なのでテントはHUBBA HUBBA HP、そして嫁さん用の冬季用シュラフ、6本爪軽アイゼン(グリベルは嫁さんに持たせる)・・などをしていたらこのくらいの重さに。それでも2月の雲取に比べればこれでも5kgくらいは軽い計算。実際には食料に水、お酒で+3〜4kgってところでしょうかね。

DSC_3031
嫁さんのACT LITEはベースウェイトで7.0kg。ハイドレーションの水を加えても10kgは行かないでしょう。

今回の懸念点はといえば1つは「道の駅みとみ」から雁坂峠までのハイクアップ。
自分も1ヶ月半ぶりの山だし、嫁さんに至ってはもう数ヶ月ぶり。ちょっとブランクがあるので心配ですが、CTでも3時間ちょっとのコースなので急がず焦らずゆっくり登って昼過ぎに雁坂小屋に着けばいいかな〜と。

もう一つは天候。
名称未設定-2
↑は雲取山のデータだけど、2日間ともよく晴れそう。ただ寒気がだいぶ下がっているようで気温があまり上がらないんですよね。雁坂小屋は標高が1,950mくらいなのでほぼ雲取山の山頂と同じくらいと見てもいいでしょう。
風があまり出ないことを祈ってますが・・・。

あとは出来れば静かにまったりテン場で過ごせればいう事ナシかな。
GW後半戦のハイクにも繋がるので、やー楽しみです!

連休中は皆さんも山やレジャーで出かける方も多いと思いますが、お互い安全第一、事故や怪我の無いよう気をつけて楽しみましょうね・・・!