山に行けない週末。
山仲間のペロさんからタイベックシートを大量に入手。DSC_2922
という事で早速加工してみました。と言ってもカットしただけですけど。
昨年ちょろっと記事に書いたHUBBA HUBBA HPのグランドシートについて。
今使っているAWBからのリプレイスをしたかったところで見つけたのがプロテクシート。その後買おうかなーなんて思っている間に気がつけばもうあれから4ヶ月も経ってしまっていたわけです(^^;

で、先日ペロさんと雲取山に行った際に、タイベックシートが余っているので良かったら要ります?と言われまして。
おお、それではせっかくなので、という事で土曜に受け取り、今日昼間にさっそく広げてみました。

DSC_2923
長っ!当初は必要な分だけ頂く予定だったのですが、「まるッと持っていっていいっすよ」
ペロさん、太っ腹・・・!
DSC_2925
図ってみたら約434cm。グランドシートとしてなら2張り分くらいありそうです。

DSC_2926
持参したHUBBA HUBBA HPのインナーに合わせてみました。横幅は100cmなので実寸ではインナーから30cmほど足りないのですが、実際利用する幅としては100cmでも問題ないでしょう。ようは人が動く範囲を100cm以内にすれば問題はないでしょうし。

で、HUBBA HUBBA HPのインナーの寸法はカタログ値で130cm×210cm。短辺側は100cm固定なので長辺側を205cmくらいでカットしてみました。
DSC_2927
こんな感じ。

DSC_2929
DSC_2928
インナーと重ねてみた。うん、いい具合です。

当初の考察でも、タイベックシート自体は防水・透湿性を持ち合わせているものの、一晩使うとやはりインナー側に湿気が多少上がってくる感じがあり、そこに不安さを感じていました。しかしよく考えてみれば自分はフロアレスでタイベックの上にそのまま寝るわけでもないし、そもそもHUBBA HUBBA HPのインナーのボトムは耐水圧10,000mmのデュラシールドコーティングされたナイロン素材です。ここについては防水性はあまり心配しなくていいでしょう。むしろタイベックをしく事でボトムの保護を目的として考えた方がいいでしょうね。
と言っても厚みがあるわけではないのであくまで従来のグランドシート(AWB)よりも大幅に軽量化できる、というポイントを重視する、といったところでしょうか。

DSC_2930
たためば非常にコンパクト。かなり軽いです。

ちなみにこのタイベックシート、実測値で約132g。
DSC_2932
AWBの重量が約285gなので、約150gほどの軽量化です。まあ、塵も積もれば・・・ってコトですね。
ソロでいく場合は軽量化のためにタイベック、ペアの場合は荷物を分散してAWB、という使い方でもいいかも知れません。

ペロさん、ありがとう!
せっかくなので近々これでテント張って試してみたいと思います。