マナスル山荘を後にして、入笠山山頂への登りに取り付きます。
DSC02751
言ってみれば、ここまではアプローチみたいなもの。
北側に面した斜面はやや凍結箇所が見られるものの、雪がしっかりと付いていてスノーシューでも問題なく登れます。
DSC02754
それにしてもなんと言う快晴!
雲が出てくる気配は今のところ全くなし。時間もかなり早い事もあり、誰も居ない静かなスノーハイクを楽しめます。
DSC02753
入笠山への案内看板がここまで埋もれてました。
DSC02755
辺りに聞こえるのはスノーシューのザッ、ザッという音と、時折山鳥の鳴く声。そしてさらさらと木々を揺らす風の音。もう最高です!

DSC02758
マナスル山荘から30分ほどで入笠山山頂到着!
見事な360度大パノラマ!

DSC_2755
思わず山頂でFly High!

DSC02763
目の前には八ヶ岳!
冬の八ヶ岳っていつも雲がかかっているイメージなんだけど、この日はとてもよく見えてました。

DSC02766
中央アルプス、空木岳、御嶽山、木曽駒の雄姿。中央アルプスはまだ未踏なんでいつか歩いて見たいですね〜。

DSC02767
諏訪湖と右上は霧が峰方面。左上の北アルプス方面は雲に覆われていてよく見えませんでした。残念><

DSC02769
そして右から仙丈ケ岳、鋸山、甲斐駒ケ岳、鳳凰三山、そしてその奥にはうっすらと富士山!
名山ばかりのオンパレードに大興奮!

DSC02768
風も比較的穏やかで、まだ人も少なくて静かな山頂。そう言えば山頂に着いたときテントが1張りありました。
ここで一晩過ごしたんですかね〜。なんとも羨ましい!

時間も早いので、少しゆっくりすることに。
DSC_2752
風を避け易い場所を見つけてちょっと早めのお茶タイム。
持参したパンを摘みながら、しばし快晴の山頂をまったりと味わいます。

DSC02765
ちょっと寄りの写真。
甲斐駒、鋸山、仙丈ケ岳。鋸山のエグさがなんとも際立ってます・・・。
鋸山と仙丈ケ岳の間に見えているのは間ノ岳辺りでしょうかね?

DSC02764
こちらは甲斐駒と鳳凰三山。
甲斐駒か北側から見ると端正でピラミダルな山容ですね。甲府側からだと摩利支天があるのでちょっと厳つい感じ。今年は黒戸尾根、行けるかな・・・。いやそれ以前に鳳凰三山!こっちも登りたいんですよねえ。

DSC02770
小一時間ほど山頂でゆっくりしたら下山開始。
下山は首切登山口方面へと降りてぐるッとまわって帰ります。