以前から嫁さんの希望でもあったスノーシューハイク。
念願かなって、ようやく今日、入笠山へ行ってきました。
DSC02713
スノートレッキングの基点となる富士見パノラマスキーリゾートに到着したのは朝6時過ぎ。
本当なら駐車場で仮眠をとる予定だったのだけど、夜明け前の空に浮かぶ八ヶ岳、そして右奥の奥秩父・金峰山のシルエットがあまりにきれいだったのですっかり見入ってしまいました。
DSC02717
快晴を予感させる見事な朝日!

その後、車に戻り30分ほどうつらうつらとして早速準備。
連休の中日という事もあって、回りのスキー・スノボのお客さんの動きも早く、リフト券売り場には7時30分過ぎには早くも大行列。これは遅れてはマズイと列に加わり、その流れでスノーシューのレンタルも済ませてゴンドラに向かいます。
DSC_2733
雲一つ無い青空!
早くも気持ち良さそうに滑っている人たちを横目にこちらは歩いてゴンドラへ。
DSC_2735
しっかり前日に購入したソリもRPMに装着済み。
それにしても、いつもスキー場と言ったら今まで板を着けずに来た事が無いのですが、今日はスノートレッキングなのでもちろん板はありません。なんとも不思議な感じですね。。。
DSC_2736
ゴンドラは8時30分からの営業と思っていたのですが、10分前にはもう動いていました。
早速乗り込み、山頂駅へと向かいます。

DSC02722
山頂駅でトイレ等を済ませて、早速スノーシューを装着。
そう言えば写真を撮り忘れましたが、スノーシューはヒールリフターなしのシンプルなもの。斜面の緩いハイクアップなら問題はなさそうです。

DSC02726
早速入笠山へ向けて出発!
DSC02728
DSC02729
前日から快晴だったこともあり、多くのハイカーが訪れたようでトレースはしっかりと付いていました。
歩き易いのですが、ちょっと物足りなさもあって・・・
DSC02730
トレースの脇を少し入って歩いてみます。
雪の表面は堅いのですが、すぐに弱層が出てきて場所によっては膝くらいまでズボっと埋まってしまいます。
それでも歩いているとなんだか楽しい!まるで子供の頃の雪遊びをしているみたい。
DSC02731
DSC02734
まだ誰にも踏まれていない場所は、少しフカフカした感触も楽しめます。

DSC02737
歩き始めて20分ほどで、入笠湿原に出ます。
DSC02738
ここは広くて開放感も抜群!
しかし、ここもかなり踏み跡が付いていて、ちょっと残念。新雪の時に来たらさぞかし気持ちよさそう・・。
DSC02739
目の前に見えているピークが目指す入笠山の山頂部です。
DSC02741
雪は少し堅めでよく締まった雪。スノーシューで踏みしめるとキュッと音がします。
パウダーではなかったのが残念ですが、まずまず歩き易くてとても気持ちがいい!

ちなみに、歩き始めはホグロフスのキャップを被っていたのですがさすがに気温が-7℃くらいで耳がもげそう。
という事でアウトドアリサーチのRadiant Beanieに変えました。

DSC02743
DSC02747
湿原上にある山彦荘はそのまま通過。この時点ではまだスノートレッキングをしに来ている人はだいぶ少なく、自分たちと他に数名登山者が居るくらいでした。

DSC02748
山彦荘をスルーして次の山荘、マナスル山荘を目指します。

DSC_2743
マナスル山荘で最後のトイレ休憩。
山荘の入り口脇に今回もドラえもんを描いてきましたw
ちょっとスペースが無くて首から下が上手く描けなかった・・・。

DSC02750
さて、休憩を済ませたらいよいよここから本格的な登り。
入笠山山頂までは約30分のハイクアップです。