WATER NOT INCLUDED.
DSC_2605

悩んだ末、こちらに決めました!
モントレイル マウンテンマゾヒスト Mid OutDry。
DSC_2614
最後までサロモンのXA プロ 3D ミッド 2 GTXと悩みました。
が、最終的には店内の岩・木道のディスプレイで履き比べてみた結果、サロモンはサイズを変えてみても踵がどうしても浮いてしまう(もしかしたらインソールを変えて、シューレースを通常のものにしてカッチリ締めれば変わるのかもしれないけど・・・)点と、下りの時の丸太の上のグリップが、マウンテンマゾヒストの方が少し良かった、という点、大きなポイントはこの2つで決めました。

DSC_2608
DSC_2610
アッパーには”OutDry”を使用しています。
OutDryについてはこのページの記事がとても分かり易く説明してあるのでもし興味があったら読んでみて欲しいのですが、要するに従来のGORE-TEXブーツは防水層をアッパーの内層に配置していて、結果防水ではあるもののアッパーと防水メンブレンの間に水が溜まり、靴が重くなったり、冷えの原因となったりしていました。
これを解決するために、防水層をアッパーの内側に直接ラミネートしているのがこのOutDry。この結果アッパーに水を含む量が劇的に減少し、かつ軽量化にもなっている、というものらしいです。

こうやって見るとメリットばかりが目に付くOutDryですが、1つデメリットとして、防水メンブレンがアッパーと一体化しているため、外部からの衝撃によってアッパーが傷つくとその箇所から浸水してきてしまう事がある、という点があります。これはODBOX渋谷店のスタッフさんに教えていただいたのですが通常のトレイルで使用するなら問題は無いだろうけど、例えば疲労が溜まり始める下山時などは無意識に靴を枝や岩にヒットさせてしまうこともあります。
もちろん多少擦った程度で防水性が損なわれる事は無いものの、アッパーの損傷具合によっては浸水の可能性がある、という事です。
この辺りは従来のGORE-TEXライナーのシューズの方が安心感がある(表層と防水層が分かれているため)のですが、今回はOutDryの性能も試してみたい、という事もありこちらにしました。

DSC_2611
DSC_2612
ソールはモントレイルおなじみのグリプトナイト・ソール。何となくですが、ソールの面で岩肌に食いつくような感じですかね?あとはウェットコンディションでどの程度噛んでくれるかが気になります。
シャンクはもちろん、クリスタロのような岩場でのクライミングを想定しているモデルとは異なるためかなり柔らかめ。この辺が鎖場なんかでどのくらい影響してくるかも試してみたいところです。

DSC_2613
アッパーの先端・トゥ部分はレザーで補強されています。
通常の使用ではこの辺りはきちんと足先を保護してくれるでしょう。


この手のいわゆるトレランシューズを調べ始めたところ、アルパインシューズからの乗り換えで購入している人が本当に多いですね。分かってはいたことですが、やはりあの手のアルパインシューズは低山などではオーバースペックですしね。でも例えば雲取山で標高1,500m以上だとガレ場も多くなってくるし、丹沢だと稜線に出る辺りからは結構ガレているところが多いです。この辺は使ってみて、どちらがバランスがいいか見極めたいところですね。

それからこの1年、クリスタロで歩く機会が多かったためフラットフッティング的な歩き方がだいぶクセになっていたのですが、このシューズの場合はフラットフッティングというより蹴りだしをある程度意識した歩き方をしないと疲れそう。とは言え、慣れてきたらテン泊でも使ってみたいですね。
まずはどこぞの低山、出来ればドライコンディションでテストしてみたいですけど・・・今週また雪の予報が(^^;
雪は嬉しいんだけどこんな時は困りますね〜。まあ、降ってもテストに行きそうですが。
とにかく早く山で歩いてみたくて仕方ありません!