五輪山を過ぎて、いよいよ伊豆ヶ岳への最後の分岐。
男坂(鎖場)と女坂への分かれ道に。さて、どっちに進もうかな、と考えようかと思う前に、嫁さんがツカツカと男坂の方へ・・・まあ、何度もここは登ってるし、今日はコンディションも良さそうなんで男坂で進みます。
DSC_2619
※伊豆ヶ岳の男坂は原則として通行を控えるよう通知されています。
登る場合は落石や滑落に十分注意し、自己責任で進むことになります。自信の無い方や、お子さん、ご年配の方は女坂を進んだ方が良いでしょう。


さて、久しぶりの男坂。ここはかなり斜度もあり、場所によっては小さなオーバーハングがあったり、足場が切り立っていたりして低山にある岩場と言っても全く侮れません。
何度も登っているとは言え、慎重に進みます。

DSC_2622
嫁さんも久しぶりなので慎重に。とは言えやっぱりアスレチック感覚でズンズン登っていきます。

DSC_2627
こちらも負けてはいられない・・・と思って登ります。が、この高度感!

DSC_2629
振り返ると秩父のはるか向こうには、白い雪を被った山なみ。あれは谷川とかの方ですかね?

DSC_2628
登り終えるとこの高度感がタマリマセン!自分は高所恐怖症なはずなんだけど、山だとナゼか平気という・・・。

DSC_2634
岩場の上部で、ちょっとテンションが上がったので・・・

DSC_2635
DSC_2636
ああ、やってしまったw

さて、岩場に満足したらささっと山頂へ。
とは言ってもまだ細かい岩場は残っているので慎重に進みます。
DSC_2638
DSC_2640
岩場の途中から見えた武甲山(中央付近の段々になっている山)。
ここからだと採掘場で削られた跡が真横から見えます。もとはもっとどっしりとした山だったんだと思うとちょっと複雑な心境になりますね。。。

DSC_2641
DSC_2642
10時02分、伊豆ヶ岳山頂に到着。
到着時には山頂前の広場にも1組の夫婦ハイカーしかいなくて、やはり先行したYUさんペアはもう先に進んでしまった様子。今回はちょっと残念でしたが、ここから先のハイクも楽しんでくれていれば幸い。

こちらはちょっと早めだけど、山頂前で軽くお昼にする事に。
それにしてもここまで人がいない伊豆ヶ岳の山頂も初めてかも・・・。