今年1年を振り返る『2012年反省会』。その3は反省、というより今年1年がどんな山行だったのか?が気になったので、色んな角度からデータ化してみましたよ。
名称未設定-2
去年と比べてどうだったか、エリアは?テント泊は?
とかとかとか。
■Q1:山に行った回数は?

A:21回
これは、1回の山行ごとの単純計算。要するに、blogの右側にある「山行記事」の数です。
数えているだけで、2010年は13回、2011年は17回と年を追うごとに数が増えていて、今年は前年+4回の計21回でした。
実は年の初めに「今年は月2回は山に行こう!」とか漠然と考えていて、目標にもしようかと思っていたのだけど実際に数だけを追い求めるようになったらイヤだなあ、と思って目標には入れませんでした。
結果として20回を超えられたので回数としてはまあまあだけど、本当はもう少しやっぱり山に行きたかった。
来年は回数もそうだけど、山にいる日数をもっと増やしたい=テント泊を増やしたいなあ。


■Q2:山にいた日数は?

A:35日。
こちらは山に滞在した日数、つまり日帰りなら1日、1泊2日なら2日と計算。
ちなみに去年は21日。数だけで言うと去年よりも2週間も多く山にいたことになる。
山行日数自体は4回しか増えていないのに滞在日数が増えている、という事はテント泊が多かった、また2泊3日とかの山行もあったことが影響しているね。
しかし1ヶ月以上山にいたのか、ちょっとびっくり。


■Q3:テント泊の回数は?

A:11回。
こちらは日数ではなく回数でカウント。
今年は意識してテント泊を増やそう!と思っていただけあって多かった。実に山行回数の半分以上。
去年がわずか4回だったのに比べても倍以上だ。
デイハイクも嫌いではないのだけど、やっぱり山でテント泊する方がずっと楽しい。ガッツリテント泊も良いし、またりユルテントもまたオツなもの。はてさて、来年はどれだけテント泊出来るだろうか。


■Q4:雨に降られた回数は?


A:9回。
今年の山行を振り返ってみて、まず思い当たるのが「とにかく雨に降られた」ということ。
こちらは日数で数えてみるとなんと9日。
実に滞在日数の約3分の1で雨に降られているのだ。当然、雨のせいで登頂を断念した山もあり(奥穂高に、涸沢岳に、甲斐駒・・・)。まあ、これは悪いところばかりではなかった。これまであまり雨天時の登山の経験が多くなかったので、今年はそれを埋めるかのように沢山雨の登山を経験できたと思えば納得。どんなことでもムダな経験なんて、ありません!


■Q5:行った山岳エリアは?


A:北アルプス、南アルプス、八ヶ岳連峰、富士山、奥多摩、秩父、奥秩父、丹沢。
まあ、関東近辺の主要な山岳エリアです。
数で言うと

北アルプス・・2
南アルプス・・1
八ヶ岳・・1
富士山・・2
奥多摩・・7(奥高尾含む)
秩父・・4
奥秩父・・2
丹沢・・2

うむ、こうやってみると奥多摩が圧倒的に多いなー。反対に行きたいと思っていた丹沢エリアには2回しかいけてない・・・。あとは東北や信越エリアが今年はいけなかった。
来年は東北の山も行きたいな、特に飯豊連峰!
谷川岳や浅間山なんかの北関東方面も足を伸ばしてみたいところだ。


■Q6:今年登った百名山は?


A:5座(甲武信ヶ岳、富士山、八ヶ岳(赤岳)、常念岳、仙丈ケ岳)
こちらは意外と少ない。
まあ百名山と意識して登っていないので当然と言えば当然の結果かな。でもやっぱりもう少し登りたかったかなー。特に奥穂と甲斐駒いけなかったのは残念だ。来年こそはリベンジ!



こんなところですかね。
データで総括してみると、
「今年は雨に降られることが多く、そしてテント泊の多い、奥多摩へ良く通い、1ヶ月以上は山にいた1年」
だったという事らしい。
来年はこの辺をさらに推し進めつつ、今年いけなかった東北・信越エリアへの進出、そして未踏峰へのリベンジが目標かな〜。