今日は本当は山に行くつもりだったけど、ちょっとやりたい事あったのと体調がイマイチという事で取りやめ。
と言ってもこんなに天気が良いのになんもしないのも勿体無いって事で、久々にチャリで三鷹に行ってきました。
DSC_1605

今日は陽射しも良く出ていて気温も上昇。
寒いかなーと思ってきていったヘリウム2も日中は要らないくらいの陽気。
結構暑かったので途中の井草八幡にちょっと立ち寄りして涼む事に。
DSC_1596
秋の陽射しを受ける参道。
木陰に入ると通り抜ける風も冷たく、火照った体に心地よい。
DSC_1598
DSC_1601
井草八幡。
久しく寺社仏閣に触れていない自分にとっては割りと身近にある神社。
広々とした境内とずっしりと重厚感のある山門、そして良い具合に渋い本殿がお気に入り。

DSC_1602
さて、一休みしたら再び三鷹に向けて出発。

今回三鷹に向かったのはとある事情から。
それは使用しているアルコールストーブの風防を物色したいこと、あとはORのセントリフュージパンツを吉祥寺のA&Fで見たかった、ということ。
2年前の12月にエバニューのチタンアルコールストーブを買って以来、山での火器はほぼこいつを使ってます。
DSC_1532
アルコールストーブの良いところはなんと言っても「静か」なところ。
音も無くゆらゆらと揺らめくアルコールの炎を見ているとなんとなくまったりとしてしまう。山や風や木の音が良く聞こえてくる。
アルコールストーブの魅力にハマッた人はみんな口をそろえてそう言うけど、まさにその通り。
(と言っても、テント場でアチコチでガスバーナーの音が聞こえ始める夕暮れも結構好きです)

そんな魅力的なアルコールストーブなのだけど、欠点も幾つかあって。
例えば火力の調整が出来ない(トランギアだと多少が可能だけど、自分の持っているエバニューのものはムリ)事、そしてなんと言っても風に弱い。

DSC_1469
今まで風対策として以前ODBOXで購入したアルミの風防を使っていたのだけど、これ、実はちょっと使いづらいのをガマンして使ってたんだよね。そもそも高さが合ってないし、何より強風下ではほとんど役割をなさないという・・。

そこで、今回は意を決して(大げさw)風防を刷新しようかと。

実はペロさんのblogで記事を見て以来、自分もMYOGしよう!と思って先日素材を買いに行ったですよ。
で、ホームセンターでびっくり、まず良いサイズのステンレス材が売ってない。ちょっと大きめのやつはあるけど、裏に粘着剤が着いてるやつ(これかな、ペロさんが買ったの)しかない、しかも結構良いお値段するし。
これならT'Sの買った方が早くないか・・・とか思ったりして、んじゃ取りあえずアルミで良いから作ってみっぺ!
とアルミボードを買ったは良いものの、はっきり言って思いつきで素材も買いに行ったので寸法もロクに計らず買ってしまい、挙句の果ては加工も上手く出来ないという自分の不器用さに直面。
・・・という事で素材費用約1,000円は全くのムダになってしまったわけです。

で、これ以上泥沼にはまらないよう、もうこうなったら出来合いのヤツでいいや!MYOGはもうちょっと先にやろう!ぺろさんは簡単そうに作ってたけど、何かが自分には足りなかった・・・orz。

という事でやってきましたHiker'sDepot。
DSC_1608
お客さんは女性3人組み。今日は土屋さん一人らしく、色々とシュラフやマット、バックパックなどについてのノウハウを教えていた様子。
しばし話を聞きながら店内をウロウロ。
30分~40分くらい待って土屋さんが解放?されたスキに風防のことを聞いてみると、店頭には今チタンのものしか置いてないかな〜、との事。
Oh・・・!
Ti風防だとちょーっと予算オーバーなんだよなあ・・・。
と思っていたら、ストッカーにもしかしたらサンプルで取り寄せたのがあるかも、と土屋さんが探してきてくれた。
トランギアミニでの使用を話すと、それだと風防もLサイズでないとダメだろう、という事で店頭にあったトランギアミニをセットしてみたところバッチリ!
即決で購入。ちなみにサンプル品という事もあってチタンペグが付属していなかったけど、1本サービスで3本つけてくれました♪土屋さん、ありがとうっす!

そのあと、吉祥寺に戻って井の頭公園をブラッとしているとなにやらレスキュー?見たいに木にぶら下がっている人が。
DSC_1613
なんだアレ?
DSC_1612
近づいてみると・・・
DSC_1614
という団体さんらしいです。

DSC_1615
ちょうど良いので、公園の端の目立たないベンチを確保。
DSC_1616
せっかくなのでちょっと試運転してみる事に。
DSC_1617
実は三鷹に行く時は必ずアルストと水・コーヒー持参です。
DSC_1618
で、ここで一つ問題発生。
この風防、上の写真のようにペグを二本風防に通して、五徳のようにして使うのだけど、この二本のペグ同士の間隔が広すぎて、水を入れたトランギアミニだとひっくり返ってしまうことが判明。
そのため、このペグを通す穴を左右それぞれあと1.5cmほど内側に寄せてあげた方が良さそう。
これは自分で加工できそうなので様子を見て穴あけしてみるツモリ。
今回はチタン五徳を持っていたのでそれで代用。
それでも、以前の風防のように火が暴れてしまう事も無く、この時点では安定して使えそう。

DSC_1619
沸かしたお湯でコーヒーを入れて、セブンで買ったチョコドーナッツでしばしまったり。

ところで話は前後するけど、OUTDOORRESEARCHのセントリフュージパンツ。
実は吉祥寺のA&Fに行ってみたらなんと置いてなかった・・・。こりゃ新宿店行かなきゃかな、と思っていたら、Hiker'sDepotに置いてました。
という事で早速試着。
DSC_1610
※ちょい汚い写真でスンマセン。
かなりタイトフィット。でもストレッチがよく効いているので足上げなどが妨げられることはありませんでした。
DSC_1611
素材は、摘んでいる側が防風性のある素材、反対側半分が透湿性のあるフリース素材。
土屋さんに聞いてみたら、自転車乗る人やトレラン等の人には一定の需要があるそうで、奥多摩辺りの低山で積雪・降雪のシチュエーションでなければ全然使えるでしょう、との事。
前面に防風素材が使われている辺りからすると、登山よりも上記のような自転車やトレラン、要するによりスピードを受け易いカテゴリ向けの製品とも言えそう。とは言え雪の状況でもシェルを重ねるなどすれば良いだろうし、やはりその場合は厚手のタイツ的な履き方になりますね。
自分の場合はロングゲイターもあるし、それと組み合わせれば雪でも案外行けるかも。
ちなみに試着したサイズはSサイズ。サポートタイツの上から履きましたが違和感なしでした。
これは今冬試してみたいかも。


という事で、山にはいけなかったけど収穫の多い土曜でした(^^

p.s.
先日の仙丈ケ岳の際、北沢駒仙小屋で再開した笠取小屋のハイカーさんがtwitter経由でコンタクトしてくれました!
ありがとうっす!(^^