194956122001_C
毎年この時期になると考え出す、冬向けのボトム。
春〜夏、そして秋は大体短パン+タイツスタイルなのであまりロングパンツは使う機会がないのだけど、やっぱり冬場になると欲しくなります。まあ、どちらかと言うと早朝山に向かう時の、ホームでの電車待ちが一番寒かったりするのですが。
んで、気になってるのが庶民の味方?OUTDOOR RESEARCHのセントリフュージパンツ。
冬向けのボトムについては、耐風性・保温性が一番なのだけど、ほしい機能としては多少の撥水性能、そして重要なのが透湿性。
冬は低山がメインになるのだけど、以外と汗をかくんだよね、冬山。でも風が吹くとツライ。
突き詰めていくと結局結論としてはfinetrackのストームゴージュが一番良い。
あれは本当に良く出来たパンツだと思う。でもね、それだとちょっと面白くないんだよね・・・。

そんな感じで探していたところ見つけたのがこのセントリフュージパンツ。
ストームゴージュのようにベンチレーターは備えてないけど、風の当たりにくい後ろ側に透湿性の高い素材を使い、前面は耐風性の高い素材を使っている。
そして珍しいタイトフィットなシルエット。結構かっこいい!
場合によっては厚手のタイツ的にも使えるかも?

10941-1-5
裾のところもジッパーで調整が可能。

ゲイターとの組み合わせも相性良さそうなシルエット。
そしてお値段もお安め。

一度ショップで見てみたいパンツだね、こりゃ。