無事仙丈ケ岳へ登頂を果たしたあとは、仙丈小屋でお昼タイム。
DSC_1465
小仙丈から仙丈ケ岳へ続く反対側の稜線にはハイカーの小さな影。
山はおっきいねえ。

とにかく空腹と寝不足もあり早々に小屋へ行って休憩しようと足早にトレイルを下っている途中、前方からおっきなテレビカメラを担いで、前を歩く2人の女性ハイカーを写している一向が登ってきた。
ちょうどすれ違う辺りで女性ハイカーの一人がなにやら話している。そこを写すカメラ。
ああ、完全にロケですな。
一番後ろにいた人に聞いてみたところ、どうやらテレビ東京の山番組のロケらしい。
10月20日の夜7時だったかな?放送の山番組です。
もしかすると俺らがちらっと映ってるかも?いや映ってないかも?
まあどちらか分かりませんが興味のある方は見てみてくださいw

DSC_1466
そんなこんなで、11時42分仙丈小屋に到着。
DSC_1467
あの北沢峠の混雑からもっと大勢のハイカーがいるかと思っていたけど、意外に空いていた。
空いているテーブルに腰を下ろし、さっそくお昼の準備に取り掛かる。
DSC_1468
見上げるとうろこ雲の向こうにぼんやりと太陽。
そして浮かび上がる仙丈ケ岳のシルエット。
小屋に着いた辺りから風がやや強くなり、ガスが昇ってきては消えて、の繰り返し。
DSC_1469
今回デビューのトランギア ミニ。重心低く安定してくれる。ハンドルの使い勝手には最初戸惑ったけどすぐになれた。
それより強風のためアルコールの消費が激しく、約600mlの水を沸かすのに150mlもアルコールを使ってしまった・・・。風対策はちょっと考えないと。この風防だと高山では限界があるな。

DSC_1470
今日のメニューはまぜりゃんせを使ったタラコペンネにじゃがいもポタージュ。
ポタージュ系はパスタやる時にはゆで汁で作っても違和感が少ないのでよく使う組み合わせ。

DSC_1472
お昼を食べている時も山頂方面がガスで見えなくなったと思ったら急に日が差したり。
DSC_1471
馬ノ背方面もガスが引っ切り無しに流れていき、めまぐるしくその光景が変わっていく。
こういう光景は見ていて飽きないんだよな。

とは言えさすがに寒くなってきたのでそろそろ下山。
DSC_1473
12時49分、仙丈小屋出発。1時間近くのんびりしてしまった。
DSC_1474
オレンジ色が美しいナナカマド。
もう少しすれば真っ赤になるかな。
DSC_1477
DSC_1478
馬ノ背のトレイルから今度は登ってきた稜線の下の斜面の紅葉が良く見える。
んー!絶景!

DSC_1482
13時10分、馬ノ背から藪沢に下りる分岐に差し掛かったとき、1張りのテントが張ってあるのが見えた。
んん??この辺りは幕営禁止のハズだけど・・・。なんだろう、急な体調不良とかでビバークしていたのだろうか。
それにしては人の気配があるような無いような。
テントもお世辞にもちゃんと張ってるとは言えず、ペグダウンもしてなくて後ろの方は浮いてしまっている。
もしかして荷物をデポするためにわざわざテント張ったのだろうか??
いや、デポだったらこのすぐ下、歩いて5分くらいのところに馬ノ背ヒュッテがあるのに。
なんとも不審な感じがぬぐえないまま、分岐を通過する。

DSC_1485
DSC_1487
13時16分、馬ノ背ヒュッテ。
なかなか綺麗でしゃれた山小屋です。ただしトイレは200円と、北アよりも高かった!
水場はベンチの脇にあります。
ここではとりあえず暑くなってきたのでウェアを脱いで、そのまま通過。
DSC_1486

DSC_1491
DSC_1492
馬ノ背ヒュッテから10分弱で藪沢に到着。
上のヒュッテはここから水をポンプアップしているみたいだ。
ここを沢沿いに下っていくと大平山荘の方に出るのだが、今回は北沢峠を下山ポイントにしていたため沢をトラバースして、先へ進む。

DSC_1496
藪沢からさらに10分弱で藪沢小屋に到着。
ここは無人の避難小屋のような建物。中は薄暗いけど、設備は綺麗そうだった。DSC_1497
そしてこの藪沢小屋のトイレ。
実際にはいわゆる「トイレ」たる便器などは無く、穴の開いた椅子が置いてあるだけ。
ここは携帯トイレを使うためのいわば目隠し用の小屋なのだ。
携帯トイレは小屋の中で売っている(お金を入れる箱があったけど、携帯トイレ自体は見当たらなかった)らしい。
緊急時には積極的に使えそう。。。とは言え、やっぱりちょっと躊躇するかも。

DSC_1499
DSC_1500
藪沢小屋から行きに通過した大滝の頭(五合目)までは山腹をトラバースする。
途中にはこんな綺麗な紅葉も。

ここは沢が所々あって、ちょろちょろと水が流れているせいか多少足元が滑り易い。危険箇所にはロープがあるのでしっかりと確保して進めば問題はないが、足元には注意が必要だった。

DSC_1502
藪沢小屋から約20分で五合目に合流。
ここまで来ればだいぶ気が楽になる。とは言え、ガレ場の下山は思いの外足への負担が大きかったようで、多少足が痛くなってきた。
もう朝から歩き始めて早6時間。集中力を切らさないように注意しながら引き続き下山。
DSC_1504
14時37分、2合目を通過。
DSC_1508
そして14時59分、北沢峠に到着!
7時間半(休憩込み)での下山、いやー疲れた!

DSC_1509
下山後、長衛荘でわらび餅パフェを食べて・・・。
DSC_1510
15時27分。
テント場に無事帰還。
夕方前に降りて来られて良かったー!
そして・・・テントがまた増えたな・・・。

◆登山データ
北沢駒仙小屋テント場出発(07:31)→2合目(08:07)→3合目(08:27)→4合目(08:45)→大滝ノ頭(09:03)→小仙丈ケ岳(10:07)→仙丈小屋分岐(10:54)→仙丈ケ岳山頂(11:19)→仙丈小屋(11:42)→お昼→仙丈小屋発(12:49)→藪沢・馬ノ背ヒュッテ・北沢峠分岐(13:10)→馬ノ背ヒュッテ(13:16)→藪沢分岐(13:27)→藪沢小屋(13:34)→大滝ノ頭(13:54)→2合目(14:37)→北沢峠バス停(14:59)→北沢駒仙小屋テント場(15:27)