時刻は14時45分。
DSC_1163
朝は夕方18時までは雨が降り続く予報だったが、この時間になって予報がまた変わったらしい。
涸沢を濡らした雨はすっかりあがり、分厚い雲の向こうからは青空も見えてきた。

DSC_1165
DSC_1169
数の少なくなったテント場は雨上がりのガスに覆われている。
北穂方面には南稜の姿も見えてきた。
せっかく雨が上がったので、再び涸沢小屋に3時のおやつを物色しにいく。
DSC_1170
DSC_1174
と言ってもめぼしいモノは無く、小屋でコーヒーとホットカルピスを注文。
濡れたテラスでぼんやり。
DSC_1178
DSC_1180
DSC_1183
青空は覗いているのだけどバッチリ雲がなくなってくれるわけではないのね・・・とテント場を眺めていたら、ちょっと面白いものが。
DSC_1175
まるでテント場の上を龍のような雲が流れていった。
これは・・・吉兆だろうか?

DSC_1191
その後はそう言えば行っていなかった雪渓へ。
なんで昨日あんだけ時間あったのに来なかったんだろう。
DSC_1193
ウヒョー!!
ヒンヤリしてて気持ちいいー!
DSC_1195
奥穂山頂で披露するはずだったポーズ!
これはまた別の山でオミマイしてやろう・・・!

DSC_1197
雪渓に飽きたら、ひるね岩でお茶したり。
DSC_1202
ひるね岩なんで昼寝してみたり。

DSC_1196
ひたすらのんびりまったりとしていても、時間は気づけばもう16時30分。
この日は早めに晩御飯に。
DSC_1205
2日目は鯖みそ煮ご飯に味噌汁、ポテトサラダ。
100均で買ったポテトサラダ、なかなかのお味。そしてみそ煮ご飯もこれは成功だね。
DSC_1208
前穂の上には半月が浮かぶ。
明日こそは天気が良くなってくれるだろうか。せめて帰る前にもう一度穂高の峰々を眺めたい。

R0015103
すっかりテントの灯りも少なくなった涸沢のテン場。もう数張りしかテン泊はいないようだ。
R0015114
月明かりに浮かぶ吊尾根を見ながら歯磨き。

DSC_1212
こちらもこの日は21時に営業終了。
飲んで、ぶらぶら。
飲んではブラフラ、な1日だった・・・。
こんな山の過ごし方、初めてかなー。

明日こそは晴れてくれと願いつつ。
就寝。