明神館を後にして徳澤園を目指す。
DSC_0986
左手に見える明神岳も少しずつ姿が変わっていく。この角度からはお初なのだ。

DSC_0989
それにしても上高地のトレイルは緑が濃いんだけど、どこかさわやか。何となく雰囲気が優しいというか、女性的なところがある。
DSC_0991
DSC_0993
そして苔も瑞々しい。今年は苔のトレイルについては甲武信ヶ岳八ヶ岳と、大当たりだ。
DSC_0992
DSC_0994
DSC_1001
右側を見れば、濃く深い緑。
そして左を見れば、圧巻の穂高の峰々が飛び込んでくる。
DSC_1002
DSC_1005
前方はるか先には常念山脈、つまりつい1ヶ月前に歩いた大天井〜常念岳のトレイルが。
自分が歩いたトレイルを別の場所から見るのは、なんとなくテンション上がるね!
その左手に見えているポコンとした岩山が「屏風岩」。国内最大級の1枚岩だ。あの右手脇辺りが横尾で、あの岩をまいて涸沢へと進んでいくわけだ。

DSC_0998
そんなトレイルを快調に進み・・・
DSC_1009
DSC_1012
8時10分、徳澤園に到着。
明神館を出発したのが7時23分だから、やっぱり大体ここまで明神から50分くらい。
嫁さんも今日は荷物が多い割りにペースが速い。日頃のウォーキングの成果が出てるようだ。

DSC_1018
なのだが、さすがにほとんど寝てない状態で歩いてきて嫁さんもちょっとツライ、との事でここで大休止して嫁さんには仮眠を取って貰うことに。
DSC_1013
それにしても徳澤園のテントサイトはきれいでフラットで気持ちいい!
いつかここでもテント張ってのんびりしてみたい。
そうそう、ここ徳澤園からは長塀尾根を経由して蝶ヶ岳に向かう事も出来る。前回の常念縦走では蝶まではいけなかったので、ここを起点にしてチャレンジしてみるのも良いかも。

DSC_1016
DSC_1017
嫁さんが仮眠中、こちらは徳澤園のカフェでコーヒーを頂く。
この辺りまではまだ山奥に来ているという感覚が薄い。こんなおしゃれなカフェがあるんだもんねえ。

DSC_1019
さて、嫁さんも復活したところで再出発。
次は横尾。ほぼフラットなトレイルももうすぐ終わりだ。
DSC_1020