天気の良い昨日はチャリで出かけたけど、今日は一日のんびり。
庭掃除したり、買い物に出かけたり。
で、時間もあるのでまたまたパッキングしてみた。
DSC_0825

この夏、富士山に甲武信ヶ岳、八ヶ岳、燕岳〜常念縦走とかつてないくらい充実した山登りをしているわけなんだけど、どうしても試してみたいことがある。
一つはソロテン泊。
もう一つは以前もちょっと試してみようか・・・と思った、UL登山だ。
UL登山と言っても、自分はツェルトも持ってないし持ってる靴だってスカルパのクリスタロ。
スタイルは至って普通のハイカーなのだが、持っている道具の中でも軽量・コンパクトに特化してパッキングすると結構良いセン行ってるんじゃない?と思って、一つホンキでパッキングをしてみたかったのだ。

DSC_0832
1泊分、夏季限定の装備。
クッカーはエバニューのチタンアルコールストーブのセット。食事はリフィルもしくは袋飯を主体にする。
また、いつもなら持って行くオービットはもたず、モンベルのクラッシャブルランタンシェードを使う。
あとは・・・大体こないだの燕岳〜常念の時とほとんど装備は一緒。
シュラフはナンガのダウン、念の為ダウンベストは持参する。
あとは翌日のお風呂用の着替えがあるくらいかな。

で、俺の場合問題なのがグランドシート。
如何せんテントがHUBBA HUBBA HPなので、フロアレスって訳にもいかず、かといって、想定している雲取山辺りのテン場は意外と小石が多くて、グラシー無しで幕を張るのはちょっと怖い
でもそのまま持っていくとかなり嵩張るしなあ。。。と思っていたら、ちょうどいいのがありました。
DSC_0827
↑左の赤い袋、これ、SKINNY tooのポール入れ。どうせ使わないならと、ためしにAWBを丸めて入れてみると・・・
DSC_0830
良い具合に入ってくれた!これならPRMにもくっつけられそう。

という事で、一泊二日、水と趣向品以外のものをパッキングしたのがこちら。
DSC_0828
グラシーは実際歩く時は、HUBBA HUBBAのポールと同じようにくっつけようかな。
これでだいたい重さはこんな感じ。
DSC_0831
・・・・うーん、まあ、普段の俺の装備から言えばだいぶ軽いですな。
ちなみに仮の食料として3食分+αを含んだ数値なので、そんなに悪くはないか。

実際この状態で背負ってみるとめちゃくちゃ軽いです。
そう言えば以前唐松岳に上ったとき、ゴンドラ乗り場でRPM計ったら8kgオーバーだったっけ。
その時に比べたら、大幅な進歩?かな。

これをベースに、近々どこぞに一泊で行ってみようかと。

・・問題はどこまで酒を減らせるか、だなw