大天井岳の山頂からちょうど10分ほどで大天荘に到着。
DSC02529
本当はここに最初に来て体を休めてから、荷物はデポって大天井の山頂に行くつもりだった。
まあ、行程が多少省けたと言えば省けたけど・・・。

まずは小屋のスタッフさんに声をかけて休息所を教えてもらう。
ずぶ濡れになったレインウェアを脱いで、バックパックを下ろす。幸いウェア内に雨が浸透してきてはいなかった。むしろ自分の汗による蒸れの方が酷かったか。

身を軽くしたらようやく朝ごはん。
時間は朝8時だから、普段なら普通に朝食の時間なんだけど、さすがに朝4時から行動していて何も食べていないとなるともうお腹もペコペコ。
DSC02530
お湯を沸かして味噌汁+燕山荘のお弁当。
ちなみにこの大天荘も、燕山荘と同じ系列の山小屋。
DSC02531
お弁当はボリュームたっぷり、しかももち米の炊き込みご飯おにぎりと、栗おこわのおにぎり。
それにシュウマイに梅干。
しかしパッキングでぎゅうぎゅうにつめすぎたせいか全てが一体化していたw
もち米のおにぎりはめちゃ美味かった・・・!

このあと、体もだいぶ冷えていたので大天荘で大休止。
スタッフの方が灯油ストーブをつけてくれたので、そこで体を温めたり、濡れた帽子を乾かしたり。
結局1時間ほど休憩していた。お陰で体力もだいぶ回復。
DSC02533
という事で、しっかり体を休めたところで9時6分、大天荘を出発。
雨も少し小降りになってくれたようだ。
とは言え、まだガスは晴れず視界は良くない。
DSC02537
DSC02538
雨で濡れたガレ場。足を滑らせないように慎重に歩く。
本当なら、喜作新道〜東鎌尾根、槍の展望がすばらしい辺り。

DSC02539
ここでまた雷鳥に遭遇。しかも今度は親子連れのようだ。
↑の写真には4羽写っているのだけど、分かるだろうか?

DSC02542
東天井岳を回りこむところで残雪を発見。
結構北側の沢やこうした斜面には、8月というのにまだ雪が残っているところが幾つかあった。
トレイル上には一切無かったけどね。

DSC02543
DSC02546
東天井岳を回りこんで下るところ。ハイマツ帯の中を行く。
この辺りになると雨も止み、ガスと風だけになってきていた。このまま回復してくれれば良いのだが、もはやあまり期待は持てない。

DSC02552
以外とさくさくと進んでいたらしく、大天荘から1時間40分ほどで横通岳のトラバースに到着。
一瞬ガスが切れて、歩いてきたトレイルが見える。
DSC02553
ここも晴れていれば絶景ポイントだなあ。
位置的には前方に常念岳が見えるところ。DSC02557
東側の沢。こちらももうちょっと!って感じ。これも一瞬でまた次の瞬間にはガスってしまう。

DSC02555
横通岳のトラバースを抜けるあたりに常念小屋の看板発見。
という事は・・・

DSC02556
見えた!
赤い屋根の常念小屋!もうちょい!

DSC_0674
下りの途中、涸沢のカールが見える。
あそこも行きたいなあ・・・。

DSC_0673
徐々にはっきりと見えてくる常念小屋と、常念岳山頂へと続くジグザグのトレイル。

DSC02561
午前11時23分、常念小屋到着!
大天荘から2時間15分ほど。以外に早く到着できたな。大天荘でしっかり休んだのが良かったか。

DSC02560
テン場にはおそらく前日からの連泊と思われるテントが数張り。
常念のテン場はもうひとつあって、このテン場の右手側にもう少し平なところがあるのだが・・・・

DSC02563
ヘリによる荷揚げの関係でしばらくテントは張れないと言われた。
ので仕方なく小屋側のテン場に張ることに。

DSC02567
本日のお宿。
フライの前を開けると・・・
DSC02566
すぐ目の前に常念岳!
ふふふ、なかなか良い立地ですな。

DSC02565
取り合えずお腹が空いたのでリフィルを作って食べる。
嫁さんのは新作チリトマト。これ、なかなかピリっと辛くておいしい。
俺は定番シーフード。

DSC_0676
そしておかずに、先日の八ヶ岳で隊員Tに教えてもらったローソン100で売っているさんまのみそ煮。
缶詰ではないのでゴミも持ち運び易いし、常温保存できるのでこういった山行には重宝しますな。
八ヶ岳ではうま煮だったけどこっちのみそ煮もなかなかうまいっすな。

さて、お腹も落ち着いたところで、まだお昼過ぎ。
このあとどうしようか、と思ってしばしテン場をうろつく。
DSC_0680
こちらは俺らのテントのあるサイト。
ちなみに、自分のHUBBA HUBBA HPはグリーンだけど、その手前にイエローのHUBBA HUBBA HPも。
翌日知ったのだが、この方、中房温泉からずっとルートが同じだったハイカーの方でした。

DSC_0681
奥のテン場にもだいぶ人が増えて来ていた。

DSC_0677
常念岳方面は相変わらずガスの中。
というか、山頂は多分雨だなあこりゃ・・・。

という事で、この日は常念岳の登頂はやめて明日に延期。
もう午後はひたすらのんびりすることにした。

DSC_0682
という訳で一人ウィスキーやワインをちびちびと。
嫁さんは既に爆睡中。

こうしている間にも時折強くテントを叩きつけるように雨が降ったり止んだり。
こんな天気では常念に行かなくて良かった。もちろん明日晴れる保証もないのだけど、今日がダメなら明日に賭けてもいいだろう。

こんな感じで、時々カクンと寝オチしたりしながらまったりと過ごす。

DSC_0683
6時半ごろ、早めの晩御飯。
この日はちょっと頑張って持ってきたマーボー丼と牛丼。
本来縦走向けのご飯ではないのだけど、なんとなくいつもとは違ったものが食べたくて持ってきたのだ。
やはり美味いね、特にマーボー丼。

就寝前、一人テントから出て稜線のはじまで歩いてみた。
すると、昨日に引き続き安曇野の市街の夜景が!
DSC02568
今日は花火は無かったけれど、やっぱり綺麗ですな。

DSC_0684
さて、明日は縦走最終日。
ここまで結構天気に泣かされてきたので、最終日は何とか晴れてほしい。そして出来れば槍穂の雄姿を一目でも良いから拝みたい。
そんな期待をかけつつ、
DSC_0688
午後8時20分、就寝。今日は結構長く歩いたから疲れたね。
明日はちょっとゆっくりめの起床にしよう。