DSC_0523
新たなバックパックも加わったところで、手持ちのバックパックについて特徴なんかを見直して自己分析してみたり。
左から
■MILLET ナムチェ55+10
■OSPREY アトモス50
■BlackDiamond RPM

正統派バックパック、軽量モデル、UL系日帰り用。
こう見てみると結構脈絡無いなあ。
まずは正統派バックパック、ナムチェ55+10。
DSC_0524
2年前のGW辺りに購入、主にテント泊で使用。たまにキャンプの時にパッキングしたり。
その名の通り55L標準で、トップリッド拡張を入れて最大+10Lの容量アップが可能。
重量は2500gと重量級だが、その分バックパック自体の造りが頑丈で結構重たい荷物を詰め込んでもフレームのゆがみも出ず、歩行時にブレることもほとんど無い。
使ってて安心感のあるバックパックです。
DSC_0525
DSC_0526
背面、ショルダーハーネス、ウェストハーネス共に分厚くこちらも頑丈。しかし背負い心地は意外とソフト。
背面はともかく、ショルダーハーネスはもう少し堅めでも良かったかもしれない。冬場など荷物が増えると意外と肩が痛くなることもアリ。
DSC_0527
一番気に入っているのがこのウェストハーネス。とにかくフィット感が良くコシを包み込むような感覚は非常に良いです。
背面は無段階調整が可能。
しっかり背負ってしまえば比較的長時間の歩行でも疲労は出にくい。
しかし、その頑丈さゆえの重量がトータルウェイトを減らしたいと思うきっかけになったのも事実。
でもこの先も使う機会はあると思います。多分。


続いてRPM。
DSC_0528
もっとも使用頻度の高いバックパック。
主に日帰り使用。いつかこれでテン泊に一度は行ってみたいと妄想中。
容量26Lだが、絶対30L程度のキャパシティはある、はず。BDのバックパックはどれも容量以上に過積載が可能。
重量600g、なぜディスコンにしたんだBlackDiamond。復活を強く望む!

DSC_0529
構造は超シンプルで1気室のトップローディング。トップリッド表・裏にポケットあり。
背面はメッシュ構造、熱は篭りにくいかな。
全体のシルエットが下に行くにつれて尻つぼみになっていて、しっかりクライミングパックのデザインを持っています。
左右のメッシュポケットはこれまた良く広がり、ナルゲンの400mlは余裕、セイシェルもしっかりと収まるサイズ。

DSC_0530
RPMの特徴としてそのしっかりとしたショルダーハーネスが挙げられると思う。
このお陰で多少の過積載が可能にもなっている。
(こないだの富士山のときはさすがに肩痛くなったけど)。

4シーズン日帰り用としては十二分なサイズ・機能を持つまさにバックパックの名作。
こちらも購入から丸2年
壊れたらホルマリン漬けにして保存しておこうかと思うくらいお気に入り。


そして新たなお仲間、アトモス50。
DSC_0531
こないだの甲武信ヶ岳で使って、やっぱり良いバックパックだと再認識しました。
容量50L、重量1510g。ナムチェよりは容量は劣るけど、重量はこちらが1kg弱軽量。
この1kg軽くなっただけで容量以上のメリットがあり。

DSC_0532
背面はOSPREY独自のエアスピード。こいつのよさも甲武信ヶ岳で実証済み。
正直RPMの背面に移植したいくらい良かったw

そして軽量化とは言っても比較的しっかりとしたウェストハーネスも良い。そしてこれは自分の体系にフレーム形状がマッチしていたというのもあるけど、ナムチェ以上にコシで背負えます。お陰でバックパック自体の軽量化と相まってかなり体への負担は軽減されたと実感。

DSC_0533
ショルダーハーネスはナムチェとRPMのちょうど中間くらいの厚さ。
堅さはナムチェよりも若干堅めでちょうど良いです。ちなみにこのハーネス自体も強度を残しつつ肉抜きされていて軽量化されてます。

DSC_0534
背面のメッシュ部。ここ、実は気をつけなければならないポイントなのだけど、この「airspeed」のロゴがプリントされている部分は、内側から見るとハイドレーションのポケットになっているのだけど、
DSC_0536
こんな感じ。

ここが非常に薄くて、ああ、こういうところで軽量化しているんだなーと実感できるところでもあるのだけど、例えばバックパックを地面に置く際、背面側を地面に向けて置かないようにした方が良いかも。
例えば、地面側に何か鋭利な枝などが突き出ていた場合、背面のメッシュ部を貫通してこのバックパック側のパネルを破いてしまうかもしれないからだ。
レアケースではあるだろうけど、これを知ってからはバックパックの置き方にも結構神経使ってます。
軽量バックパックゆえの注意点。

という感じ。
今後はテン泊はアトモスをベースにパッキングを工夫していく方向で考えてます。
日帰りは引き続きRPMに頑張ってもらいます♪