なんだかここ最近、周辺にUL系の人が増えてきたせいか、少し前からシェルター/ツェルトが非常に気になってます。
気になってますが、これはあくまで妄想、MPなのであしからず。

思えば以前、MSRのSKINNY tooを購入する前に隊員Tに進められたのがOUTDOOR RESEARCHのNight Haven。
19494811056
その見た目などには非常に惹かれたのだけど、当時はまださほど山に積極的ではなかったこと、どちらかと言えばキャンプにも使えた方がいい(今考えれば全然これでもキャンプできるけどね)という点、さらには、この手のシェルターの場合、どうしても虫やらヘビやらが入ってきたらどうしよう・・・という不安がぬぐえなかった。
その結果購入したのがMSRのSKINNY too。今考えれば、この選択はシェルターが欲しかったもののやはりクローズドのテントとして使えるものを欲した苦悩の結果だったようにも思える。
その後しばらくはSKINNY tooはよく活躍してくれた。
キャンプにもちろん山。
しかしどうしても悩ましいのが、非自立式であること。
ab933161
これだけフラットでないと、なかなか上手く設営できない。
(今年3月の鷹ノ巣避難小屋にて)

そこで「やはり山には自立式でないと」という事で次に購入に至ったのが同じくMSRのHUBBA HUBBA HP。
fecd45ed
(去年の白馬岳 頂上宿舎のテント場

この頃になると嫁さんとも頻繁にテント泊に出かけるようになり、ある程度快適性の求められるテント、というのも条件になっていた。
そこで上がったのがHUBBA HUBBA HPだったのだが、このテントは非常によく出来ていてお気に入り。
最近のテントでは重たい部類に入るのかもしれないけど、それでもそれなりにコンパクトになるし、なにより広いのは良いねやっぱり。

そんな感じで、まあテントに関しては必要なものがあるのでさほど気にはしていなかったんだけど、そもそも気になりだしたのが今年に入ってHiker's Depotが売り出したツェルト2ロングを見てから。
75f00992
この場合、2人でガッツリ使おうとするとちょっと厳しいかも知れないけど1人なら全然あり。実際に鷹ノ巣で隊員Tが使っているのを見てもそう思った。

さらにそのHDのサイトで見たこれ。
43742575
インテグラルデザインズ エレメント2
43742578
虫嫌いな僕にも安心、バグテントのオプションあり!
これで本体とバグテントをあわせても1.2kg程度。前後に入り口があって使い易そう。

とか思っていたら、ペロさんがこんなものを購入していた。
229022

こちらは非自立式のダブルウォールという位置づけのようだけど、インナーを外せばフロアレスでもイケるらしい。
さらにインナーがフルメッシュでない分、冬場も使えそう。


テントではなくシェルター系の幕の魅力は、その形状からくる軽量さ・コンパクトさ以外にも、閉鎖されたテントより自然を身近に感じ取れるという点もある。
このあたりは考え方の違いだが、僕の場合パッキングの見直しを行った事によって、中に詰め込むアイテムを考えた時に今以上にコンパクトにするには、まず一番大きな「テント」を見直すこともありかと思った。
思ったのだが、実際にはあまり現実的ではない(色々な諸事情によりw)。
何よりテントが気に入っているし、まだ僕はナウシカのように虫と仲良しになれる自信が無い・・・。

という事で、要するにこの記事は、いいなあーうらやまシーなーという、チラ裏的なものでした。

いつかはデビューしたいぞ、シェルター泊!