あれから1週間。山開き後最初の土曜はあいにくの雨。
これを考えると先週末に行っておいてほんと良かったと思う。この天気で今週末予定してたら、多分キャンセルしていたかテンションダダ落ちだったような・・・。

名称未設定-2
9年ぶり2回目、嫁さんは初めてとなった富士登山。
登る前は結構後ろ向きだったけど、いざ登ってしまうとやっぱり良い思い出になった。
これが9年前とは一番大きな変化、かな。

という事で、富士山の総括など。

◆登山データ
【6月30日】
07:54 須走り口五合目出発

09:23 六合目 長田山荘着

小休止

09:40 長田山荘発

10:20 本六合目 瀬戸館着

小休止

10:36 瀬戸館発

11:35 大陽館着

小休止

12:03 大陽館発

12:58 見晴館着

山小屋でひたすらまったり。

19:22 就寝

【7月1日】
03:36 起床

04:30 見晴館鳥居より御来光

05:38 朝食後見晴館を出発

06:05 下江戸屋通過

06:24 胸突き江戸屋着

小休止

06:42 胸突き江戸屋発

06:53 御来光館通過

07:13 九合目鳥居通過

07:17 九合目 迎久須志神社通過

07:43 富士山山頂(富士山頂上浅間大社奥宮)着

08:03 下山開始

08:33 御来光館通過

08:42 胸突き江戸屋着

小休止

09:18 見晴館着

休憩・雨が降ってきたためレインウェアなどを装備

09:53 見晴館発

10:10 大陽館通過

10:38 瀬戸館通過

11:11 長田山荘通過

11:57 須走り口5合目着


○初日の6月30日はとにかくゆっくり進むことを心がける。初めての富士山である嫁さんのペースもあるが、9年ぶりともなると自分も似たようなものだ。
富士山登頂のカギは天候、そして体調。天候はともかく、高度順化がうまくいくかどうかで大きく成否が異なるので、今回一番気をつけたのはこの点だ。
今回は高山病への対策を特に気を使っていて、2日前からこれ↓
images
「食べる酸素」を夜に10粒程度食べておいた。
さらに登山中も5粒ずつくらい食べていく。1日最大20粒までと決まっているので摂取は小まめにした。
これが本当に効果があったかどうかは分からないのだが、少なくとも初日は夜になるまで高山病の症状はほとんど無かった。
また、初日の夜寝る直前に激しい頭痛が出たのだが、これを10粒ほど飲んで寝たところ翌朝にはすっかり頭痛が治まっていた。
通常高山病は呼吸が浅くなる睡眠中に悪化することが多いのだが、これが反対に良くなったという事は一定の効果が見込めるような気がする。

タブレットは即効性は無いものの持続性はあるような気がするので、今後富士山登頂を目指す人で、高山病が心配なら試してみる価値があるかもしれない。
ただ、高山病は個人差がかなりあるし、その日の体調などにも左右されるのでまず無理はしないことが第イチだ。これを飲んだから大丈夫!という過信は禁物。


○9年ぶりの須走りルートは、前回が夜間だったこと、そしてもう9年も前という事でほとんど記憶になく、とても新鮮に歩く事が出来た。特に樹林帯のところは登りは歩いていてかなり気持ちが良い。
DSC_0368
そして上部では残雪もあり、
DSC_0435
樹林帯⇒砂礫帯⇒残雪と、色んなルートを歩けたのでちょっとお得な気分。

○長田山荘・瀬戸館・大陽館・見晴館と登りでは山小屋を通過したが、いずれもトイレがかなり進化していたのにびっくり(瀬戸館はトイレが使用中止になっていた)。
富士山のあのタレ流し状態だった過去を考えるとこれはすごいね。
もっとも、自分が登った2年後の2005年にはトイレ整備がされたらしいけど。

○登りでこれだけ天気が良く、山頂まで見渡すことが出来たのはラッキーだった。
9年前は眠気と高山病でほとんど下を向いて歩いていたような気がするけど、今回は景色を楽しむ余裕もあった。
DSC_0402
天気が良いとやっぱり気持ちがいい!

○今回の富士登山、山開きのこのタイミングにした最大かつ唯一と言って良い理由は「混雑を避ける」、これに尽きます。
特に今回は小屋で一泊しての登山だったので、やはり如何に山小屋で体を休めることが出来るかが登頂のポイントになると思うし、もちろんそうでなくても登頂している人はたくさんいるのだけど、やっぱりあのギュウギュウの状態での小屋泊はイヤだ。
DSC_0510
結果は大正解だったと思う。
特に須走り口はもっとも人気がある吉田口と比べても、今回感覚的には登山客は4分の一程度だったと思う。
小屋・登山道共に、山頂直下まではほとんど人がいない状態で歩けたので、ペースも維持できたことが良かった。
また、今回宿泊した見晴館は本七合目、標高で言うと3,200mの高さにあるのだが、ここは吉田口と合流する直前にある小屋。
そのため人の集中も少なかったことも良かった点だ。
御来光のことを考えると少しでも標高の高いところに泊まりたいという気持ちも分かるのだが、しっかり体を休めて挑んだ方が成功の確率も上がると思う。

見晴館は小屋も綺麗だしオーナーも気さくで親切。
もちろん繁盛期ともなれば想像もつかないほど忙しくて大変なのだろうけど、良い山小屋でした。
またここには行きたいかな。
DSC_0537
早めに到着して午後はまるまるゆっくりのんびり過ごす。
そして他のハイカーの人たちとの交流もとても楽しかった。いろんな面白い話も聞けたしね。

○帰宅後判明したショッキングな出来事。
DSC_0678
お気に入りのMOUNTAIN EQUIPMENTのアウターシェルの右肩部分が損傷してる!!

思い当たるフシは無い・・・と思っていたけど、実は1つ。
富士山山頂手前、最後の鳥居をくぐったあと、調子に乗ってダッシュしたんだよね。
その時、右肩を脇にあった鎖に引っ掛けたような記憶がある。
これが原因と思われ・・・。

という事で、明日にでもリペアセットを買ってきて補修しないと。
ただ3レイヤーだから裏アテ出来ない。表面をとにかく塞ぐしかないなあ・・・。


という訳で。
これからが登山シーズン本番を向かえる富士山。
ピーク時の登山では今回のようなプランはあまり参考にならないかもしれないけど、こんな登り方もアリでしょ!
という一例としてみていただければ幸いです。

以上、夏山登山 富士山総括終わり。