2005年8月。
湿原と花のトレッキングに尾瀬ヶ原へ向かう。
IMG_0851
この頃は何となく、山やトレッキングなどは年に1回くらい行く感じだった。
この年はあの有名な尾瀬に行こうぜ!ってなノリで決まった・・のだと思う、多分。

この時も深夜から高速を飛ばして尾瀬戸倉の駐車場に車を止め、鳩待峠まで乗り合いタクシーで移動。
IMG_0743
夏休み終盤という事もあって混雑を予想していたがさほどでもない。
今行ったらもっと混んでるんだろうかね。

ここから鳩待通りという、街中にある通りの名前のようなトレッキングコースを歩いていく。
6時55分、鳩待峠を出発。
鳩待通りに入り緩やかな登りを過ぎて、樹林帯を30分も進めばもう尾瀬らしい雰囲気が見えてくる。
IMG_0744
天気までなんとなく尾瀬っぽい。
雨は降っていないけど湿っぽい感じ。
快晴でピーカンな尾瀬ってあんまり想像できないんだよね。今まで経験してないからかもしれないけど。
IMG_0747
朝露に濡れるイワショウブ。

IMG_0748
トレイルに咲くオゼミズギク。

IMG_0754
IMG_0751
尾瀬らしい雰囲気の木道をひた歩き
IMG_0766
8時3分、中原山。
ドヤっって顔してるけど、標高差も300m弱、アップダウンもほとんど無い木道なので超歩き易い。
IMG_0763
くもの巣。
IMG_0771
うーん、これは何の花だろう。
IMG_0787
ミヤマアキノキリンソウ。花の名前って長くてややこしくて覚えにくい・・・。

この後一旦富士見峠にある富士見小屋に立寄ったんだけど、たしか小屋がしまっていたような記憶が。
トイレとかもいけなかったので、そのまま確か長沢新道を下って尾瀬ヶ原まで下る。
IMG_0792
で、9時59分、尾瀬ヶ原に到着。
IMG_0805
竜宮十字路の辺りかな。
IMG_0795
ミヤマワレモコウ。なんかキモっ!って当時も思ったけどやっぱり今見てもちょっとグロテスク。
IMG_0799
ミヤマキリンソウその2。
IMG_0802
オゼミズギクその2。
IMG_0821
尾瀬ヶ原に下りてきたら少し晴れ間が見えてきた。
IMG_0822
IMG_0824
あ、尾瀬だなって感じの風景。秋になると草紅葉で綺麗なんだろう。
IMG_0840
ヨッピ橋。
IMG_0841
ノアザミ。

と、この辺りだったかな、確か森の方で「ガサガサッ」って音がして、その後猟銃を持った人が森に入っていった、ような。あれ、やっぱり熊だったんだろうか。

IMG_0849
水面に映った雲が水墨画のよう。奥に見えるのは歩いてきた鳩待通りのある山。
IMG_0845

IMG_0854
この後、湿原をまったりと歩きながら、幸い雨に降られることもなく山ノ鼻を経由して鳩待峠に帰還。
IMG_0858

尾瀬はただ歩くだけでも楽しい。
やはり湿原という事もあってか緑がまず綺麗だし、湿原に咲く花々を見ながら歩いていると本当に飽きない。
天気が良ければ至仏・燧ケ岳なども見えて良いのだろうけど、なにせ日陰が無いから快晴だと逆につらいか知れないね。
という事で、薄曇りくらいの天気がベストかな。

しかしこうやってみてるとまた行ってみたいな、尾瀬。
やっぱりそんな良い記憶があったから、2年後に再び訪れることになったのかも知れない。
そして、また今度行く機会があれば登っていない燧ケ岳もチャレンジしてみたい。

ちなみにこの後、宿で食べた隊員Kのお土産
IMG_0861
伊勢海老パスタと
IMG_0864
伊勢海老汁、絶品でした!