翌朝、日曜。
DSC_0144
昨晩は寝際はちょっと寒いかと思ってダウン上下を着て寝たけど、結局まったく寒くなくて快適に爆睡。
なのに予定起床時刻よりだいぶ早く目が覚めてしまった。
DSC_0145
テント内の気温は8℃。昨晩就寝時と変わってない。
あまり風も無かったせいか、テント内は結構結露が激しかった。とは言っても落ちてくるほどではないけど。
DSC_0146
とりあえず小腹が空いたのでお湯を沸かしてコーヒーとバランスアップを食べる。
避難小屋の方からは話し声が聞こえてくる。どうやらもう出発するハイカーもいるみたいだ。
隣のツェルトからは気持ち良さそうなイビキが相変わらず聞こえてくる。きっと念願のツェルト泊が出来て文字通り夢見心地なのだろう。
DSC_0147
外に出てぶらぶらしてみる。
朝のヒンヤリした空気がとても気持ち良い。ちょっと雲があるけど、今日も天気は良さそうだ。

DSC_0149
テントに戻りしばらくぼーっとする。半分起きて半分寝てるなあ。。。
DSC_0153
避難小屋の方に行ってみると若いハイカーが一人出発前のようだ。
もしかすると・・・と思って声をかけてみたら、やはりTwitterのフォロワーさんだった。そう言えば鷹ノ巣から御来光を見るため小屋泊するかも、と言っていたけどやっぱり泊まっていたらしい。
この日の小屋泊組みは3名で、既に他のハイカーは出発したとのこと。そして御来光を見に行ったけど雲が多くてやっぱり見えなかったとのこと。
出発前の貴重な時間だったけど、鷹ノ巣に至るルートについて幾つか情報を教えてもらった。これが後々非常に役に立った。今回は水根沢から上がってきて、再び水根に降りるらしい。
ブログにせよTwitterにせよ、ネットで知り合った人とこうやってリアルで会うのはなんだか楽しいね。
またどこかの山でばったり会ったりしてみたいものだ。
DSC_0148
さて、時間も良い時間だしそろそろ隊員Tを起こすか・・・。

DSC_0157
やや二日酔い気味の隊員Tを起こして朝飯。
ツェルト2ロング、多少の結露はあったものの快適に寝れたそうだ。隊員T曰く
「全然テントだよ、これ。」
だそう。
ふーん、そうかそうか・・・。一晩くらい今度借りてみようかなw。
DSC_0158
乾燥ラーメンの具を入れて最近お気に入りの米麺を頂く。もっちりとしていて食べ応えアリ。袋麺はリフィルと違って水を多く消費する(リフィルは大体330ml、この袋麺は約500ml)のだが、なんせ味も種類も豊富だしリフィルよりも単価が安い。水さえ手に入る場所ならもっと積極的に使っても良いかも知れないな。
あ・・・タマゴ持って来れば良かったなあ。

DSC_0159
朝飯を済ませたらささっと撤収。
この段階で鷹ノ巣避難小屋に残っている宿泊者は俺らだけだった。まあ、いつもの通りのんびりです。
そろそろ出発・・・と思ってトイレに行った帰り、ちょっと前に上がってきたハイカーに声をかけられた。
な・・・なんとこのブログを見てる人だった!
「楽しみにしてます」
なんて言って頂いた、ウレシイ半面なんとなく申し訳なさも。
見た感じだいぶ山慣れした奥多摩ハイカーらしい人だった。あまり俺のブログは参考にはならないだろうなあと思いつつ、この2日間でブログ・Twitterつながりの人と3人も出会ったことに、なんとなくハイカーの縁を感じた。

という事で、いつもの如くのんびりではあるが、いざ奥多摩駅へ向けて8時45分出発!
DSC_0161
DSC_0163
Bye 鷹ノ巣避難小屋!
また来るぜ、今度は秋かな・・・。