鷹ノ巣山山頂を後にして、本日の宿泊地・鷹ノ巣避難小屋へ向かう。
DSC_0080
前方には日陰名栗山、高丸山、そして雲取山が見える。
ちょっと雲が多くて、その向こうの南アルプスとかまでは見えない。さすがに前回の冬の時期のようにはいかないか。
DSC_0081
ちょっと曇りだけど、新緑の石尾根を避難小屋方面へ下る。
DSC_0084
DSC_0085
途中、浅間尾根方面の展望がすばらしいところ。谷から吹き上げてくる風も心地よい。
DSC_0086
そう言えば前回来たときにトレイルをふさいでいた倒木はちゃんと処理されていた。
管理してくれてる人に感謝だ。
DSC_0088
10分ほどで鷹ノ巣避難小屋に到着。
さすがにまだ12時59分、テントは一張りも無い。
よし!選び放題だ!

DSC_0094
選び放題だったわりには、前回とまったく同じ場所に幕営w。
そして・・・
DSC_0091
DSC_0093
DSC_0092
薄々感づいてはいたがやっぱり買ってた、隊員T。
Hiker's Depotのツェルト2ロング。
ついにここまで来たか、彼も。。。
俺の持ってきたSKINNY tooと比べると大人と子供ほどの差がある。
けど中は意外とルーミー。頭上空間が限られるものの一人で使う分にはせまっくるしさは感じない。
これは以前店頭で実際に入ってみたとき感じたのと同じだった。
そして写真を撮り忘れたがとにかくパッキングサイズがコンパクト。
SKINNYの10分の1くらいなんじゃないか。いや、言いすぎか。

とは言え、あくまで個人的感想だけどやっぱり良くも悪くもツェルトはツェルトだなーと思った。
これはその人のスタイルに合うか合わないかの話なので議論に意味は無いけど、少なくとも今の俺のスタイルにはマッチしそうにないと感じた。
でもね、正直あのコンパクトさと軽量さは羨ましいよね。

幕はとりあえず置いといて、お腹も空いてる事なので飯にしよう。
DSC_0096
DSC_0097
DSC_0098
カンパイして昼飯。
今日は久々アマノフーズの瞬間美食。
相変わらずやっぱり美味いですなこれは。鉄板。
こないだ笠取で食べたカレーポットもおいしいけど、味はこっちの方が種類あるんだよね。

DSC_0099
そのあと本格的に酔っ払う前に水汲み。
鷹ノ巣避難小屋の水場はこんこんと湧いていて水量も充分。
そして、例の小さな小虫も無くキレイな水でした。うん、一安心。
DSC_0103
という訳で再び飲み始め。
今回隊員Tは、ベースウェイトが7.1kgなのにパッキングウェイトが13kgオーバー。つまりその半分近くが食料と主に酒だったようで。
必要最低限を持ってきた俺を罵倒するかのごとく酒不足非難されたというw。
しかし、この酒の量が後々ちょっとした事件を起こす事になるのだった。。。

DSC_0104
まったりのんびりとお酒を飲んでいるとUL系ハイカーお二人が通りがかった。
やっぱりツェルト2ロングに食いついてる。という事で説明をしている隊員T。

・・・俺のSKINNY tooにもちょっとは触れてくれ。
と言ってもUL系の方には無理か。
このお二人、この日は日陰名栗山で一泊するそうでこれから登るらしい。
なんでも一人はfinetrackのツェルトを持っているらしく、それで興味があったようだ。
ん〜。それにしてもUL系のつながりってすごいのね。

この頃、ブログでお知り合いになったノブタさんも到着。
軽く御挨拶だけさせて頂き、ノブタさんもテントを設営。こちらもUL系なのだろうか?すらっとしたスタイルで・・・。
多分、この日鷹ノ巣に泊まったハイカーの中で一番荷物重かった自信があるぞw