六ツ石北側をトラバースして10分ほど歩くと、奥多摩方面と六ツ石山への分岐点に到着。
DSC_0206
DSC_0207
前回の鷹ノ巣の時もここで小休止したな。
そして今回は、前回はスルーした六ツ石山だが、せっかくなのでこちらは行ってみることにした。
DSC_0208
分岐点の手前、トレイルの邪魔にならないところに荷物はデポ。
DSC_0209
分岐点からは5分もかからず六ツ石山山頂に到着。
既に数名のハイカーが休憩していた。ちょうど時間はお昼時だったので、展望を楽しみながらランチをしている人も。
六ツ石の山頂はこじんまりとしてはいるものの比較的展望が良いので晴れた日は気持ち良いだろうね。
主に水根方面から登ってくる人が多いようだけど、あっちも結構な急登なはず。
ん〜、いつか機会があったら歩いてみようか。
DSC_0211
さて、ちょっと寄り道をしたけど再び奥多摩駅へ向けて石尾根を歩き始める。
一度歩いているルートなのでなんとなく気は楽。
DSC_0212


DSC_0213
六ツ石からやや下ったところから始まる急斜面。
ここは下るのはまだ良いのだが、奥多摩駅側から登ってくることを考えると結構うんざりしそうだ。
ここはね、正直あんまり歩きたくないねえ・・・。
DSC_0215
三ノ木戸との分岐。
ここは右手には降りないでまっすぐ進む。そう言えば前はここら辺で犬の散歩している人に会ったな。
今日は・・・散歩してる人はいないみたいだ。
DSC_0217
DSC_0220
杉林が出てきた。
何となく木漏れ日の雰囲気が夏のよう。実際結構気温は高め。
DSC_0221
そう言えば前回も気になったのだがこのあたりは石垣が組まれているところがチラホラとあるんだよね。
この辺って昔は何かあったんだろうか?神社?寺?
それとも炭火小屋とかあったのかな。
DSC_0222
DSC_0224
杉林のトレイルは木の葉に隠れて凍結部分がありかなり滑り易い。慎重に下るが時々ズルっとなる。
さすがの隊員Tもここに来て足の痛みを訴える。最近新調した登山靴(SCARPA シャルモGTX)にまだ完全に慣れていない影響だろう。
・・・と言いつつ自分も程なくして足が痛くなる。もうかれこれ6時間近く歩いているので、そりゃ痛みも出ますわな。
DSC_0225
そう言えば下山時アチコチにこんな紙が木に張ってあった。
何かイベントやってたんだろうか?
見つけられたのは3枚くらいだったけど。DSC_0227
程なくして神社を通過。
ここまで来ればもう林道はあと少しだ。DSC_0228
杉の向こうには奥多摩のコンクリ工場とかも見えてきた。
DSC_0229
14時22分、登山口に到着!やっと林道に着いたか・・・。
と、実はここで非常に不愉快な光景に遭遇したのだが・・・これは別にキチンと書いて徹底的に糾弾してやるので。

その後重い体と長時間の歩行で痛みの出た脚を引きずりながら「もえぎの湯」へ。
DSC_0231
移動も億劫だったのでもえぎの湯の2階でカンパイ!いや、無事に下山できてよかった!
DSC_0233
そして奥多摩駅へ。
ここでも飲み足りなかったので
DSC_0234
近くの商店で金麦買って車内で乾杯!

雲取山山頂に行けなかったのはちょっとだけ残念だったけど、まったりテン泊とガッツリ山歩きを楽しめた二日間だった。何より石尾根を(一応)繋げられたのはウレシイね。
そして、この日を境に、俺は禁煙をすることを決めたのだった・・・。
あれから1週間、吸ってませんぞ、まだ。

DSC_0235
最後は地元の駅で最後の奥多摩ハイキングフリーきっぷを改札に入れて、今回の山行は幕を閉じたのだった。

以上、冬山登山 石尾根完全制覇 おわり。
総括は後ほど!