鷹ノ巣山避難小屋から山頂への登りは相変わらずハード。
13331003656560
13331003768641
七ツ石の北側急登とどっちがキツイかと言われれば、七ツ石の場合斜度はあるけど距離は短いので短期決戦型。
一方の鷹ノ巣山への急登は斜度は七ツ石ほど無いものの距離が長い。
13331004235620
と言う事でしんどさで言ったら鷹ノ巣の方がキツイかもね。
でもここ、急登だけど歩きやすくて個人的にはそんなにつらくは無い。むしろこれだったら小雲取手前の登りとかの方がキツイかなあ。
13331004325050
いきなり目の前には倒木がトレイルをふさいでいる。
これは台風の影響かな、去年の。最近ってことはないと思うんだけど。
13331004961780
避難小屋から約25分、鷹ノ巣山山頂に到着。
山頂直下にやや積雪がありちょっと時間がかかってしまった。
山頂に着いた時はハイカーが一人休憩していた。
13331005641000
今日は眺望もなかなか。前方の中央左よりの二コブのような山が大岳山、その右手手前の山が御前山。
13331005719350
そして中央屋や右寄りの少し白くなっている山が三頭山。
その奥には丹沢山塊も見えてるね。
富士山は残念ながら見えず。

さて、まだまだ先は長いので急ごうか。
13331006032400
石尾根の中でもブナ坂の上部に次いで好きなトレイル。
ここは南側が開けていて歩いてて本当に気持ちがいいんだよね。
13331006105881
ふと振り返るとずっと奥の方には南アルプスの山肌もすこし見えている。あの辺りは白峰三山辺りだろうか?
13331006309600
倉戸山・榧ノ木尾根方面との分岐を過ぎる。ここは昨年秋に鷹ノ巣を登った時に上がってきたルートだ。
比べてみると随分と景色も様変わりしてる。冬枯れした木々は寒々しくも感じるけど、空が良く見えるから明るいね。下も雪で白いし。
13331006581260
ここからしばらくはスノートレイル。
フカフカでは無いけど凍結もさほどないので比較的歩きやすい。
13331006965120
こんなところ、ブーツと板があれば滑って降りたい!
・・・とは言いつつもシリセードする勇気はないのだ。だって多分イタイしパンツ破けたらイヤンな感じだし・・でもちょっとやってみたかったかも。
13331007086661
それにしても天気がいい。
でも、昨日ほど汗をダラダラかく事は無い。昨日と違って北風が入りこんでいるので見た目以上に気温は上がっていないのだ。
そして・・・今日はタバコも吸っていないせいか体調もすこぶるい良い。はは、やっぱダメだね、もう禁煙確定だこりゃ。
13331007166830
途中木々の隙間から奥多摩湖が覗く。
こんな光景も冬ならでは。もう少し経って新緑の時期になったらこれは見られないからね。
13331007360570
六ツ石へ続く急斜面を下り・・・
13331007502600
ぐにゃん木。
あ、こっちから見ると確かに鳥っぽい!前来た時は反対から撮ってたな。
これも尾根が荒れて痩せていった結果、根が張り出してしまって倒れかかったところを強靭な生命力で再び天に向けて背を伸ばしていったことでこうなったのかもしれない。
すごいなあ。
13331007818950
そして六ツ石山直下北側のをトラバースする。
ここは所々凍結していて、かつ左側が結構なガケだったりするので神経つかうね。