快晴の沼津アルプスを無事に登り終えたあと、近くの温泉で一汗流してから昨年12月以来の野田山へ向かう。
この時実は温泉への入り口を間違えてしまい池さん組をぐるぐると遠回りで連れまわしてしまったり、さらにスタンドに寄ってもらった後道を間違えて先に高速に乗ってしまったりとまあどうした俺!と言ったトラブルがあったのだが、何とか富士川SAを降りていざ野田山への林道を走っていくとなんと前回通った道が通行止めになっていた。

仕方なしに引き返し、池さんと合流してあれこれと別ルートを調べていたのだが、途中オトさんに連絡をしてアドバイスを頂きなんとか野田山のキャンプ場に到着したのはもう辺りも暗くなった18:30ごろだった。
DSC_0102
ヘッデンの明かりを頼りに急いでテントを設営。
DSC_0115

その後はもう宴会のスタート。
DSC_0105
写真を撮ろうとして一人カンパイになってしまった、の図。
DSC_0104
今回は前回の反省(?)を踏まえて、各グループで色々と料理を作ることに。
池さんはホットサラダにフォー。
DSC_0106
フォーの写真、撮り忘れました・・・。
DSC_0111
Rちゃんはパッタイ!
池さん・Rちゃんの品はめちゃウマでした。うーんこれに打ち勝つにはやはりコイツの登場しかないだろう。
DSC_0108
久々登場、SBK伝統の鍋、その名も「伝説の鍋」。
今までSBKの超過激な火力にも耐え、数々の一品を生み出してきたこの鍋で作る今宵の品は・・・
DSC_0109
モケカ!
実はPEAKSの取材で作って以来だからもう1年半ぶりくらいになるか。
とは言え作り方は簡単なんだけどね。
DSC_0112
↑ちなみにPEAKSで紹介した時にチュンチュンにアドバイスされたしょうがを入れてみたら・・・味が引き締まって美味しくなった。ちょっと悔しいw


DSC_0118
途中キャンプサイトの上の高台から夜景を見に行く。
ここのサイトの良いところは富士山も見えて、そしてこんな夜景も楽しめるところ。これはホントに一見の価値ありだよね。
富士山はこの日は遅くなってしまったので見れなかったけど・・・。

その後も昼間の疲れも吹っ飛んだのか、夜中の2時過ぎまで宴会は続き。
DSC_0124
ちなみに0:12の時点で外気温は−4℃。
SUUNTO COMMETでも計っていたのだけど、なんと−12℃というありえない温度を示したため、こっちの腕時計を外してテントにつけて放置していたのだ。多分これが現実的な外気温だろうね。
やっぱりデジタルの温度計欲しいかもな。

とまあ、この日は2時で解散。
さすがに疲れていたのですぐにストンと落ちてしまったようでした。
DSC_5563
(↑photo by jojoさん やっぱ眼レフは違うなあ・・・)