先日とある掲示板を見ていたら、snowpeakが2012シーズンから山岳テントに参入するとの情報が。
さっそく詳細を調べてみると、新たに展開するのはこの「ラゴ」シリーズらしい。

feature_img02
↑こちらは二人用のラゴ2

snowpeakというとちょっとハイエンド寄りなファミリーキャンプ用のアウトドア用品を展開している、というイメージがあるけど、サイトを見るとどうやらかなり本気で山岳テント市場に参入してくるらしい。
スペックなどの詳細は公式サイトを見ていただくとして、このテントのコンセプトが「日本の山岳環境を考慮して作られたテント」というところ。
特徴的なのは通常のテントで言う「前室」にあたる機能をなんとテント内に取り入れてしまったところだ。
この構造によりフライシートの前後をカットし軽量化を図るとともに、入口からテント内に靴を履いたままアクセスができるようになっている。つまり、テントのインナー内に土間のようなものが設けられており、ここで靴の脱ぎ履きができるのだ。
この土間に当たる部分はバスタブ状になっていて、カバーをかけることで塞ぐことができる。雨天時の浸水などの心配はなさそう。
さらに言えばこの土間部分にバーナーを置いての調理も可能だろう(メーカーは推奨しないだろうけど)。
テント内での火器の取り扱いにはシビアにならざるを得ないので、これはこれで一つの機能として面白いと思う。
その他にもインナーから張れるようになっている張り綱や、サイドの張り綱は2段階構造になっていたり、また、フレームはスリーブ式で片方が袋状になっているなど、山岳テントとしての基本もしっかり押さえられているように思える。

ちなみにこの手の「土間」を持つテントと言えばアライの「ドマドーム」が浮かぶ。
domal_07
その完成度の高さから、ファミキャンのみならず山岳でも使われているテントだが、「ラゴ」シリーズの特筆すべき点はその重量。
↑のドマドームライトは二人用でも重量が2,000g(本体+フレーム)なのに対し、ラゴ2は重量が1,450g(本体+フレーム)と550gも軽量。それでいてディメンションは225×130×100(長辺×短辺×高さ、cm)とかなり広い。
自分の愛用しているMSRのHUBBAHUBBA HPもインナーはほぼ同じディメンションだが、フライシートのある分だけより広い幕営面積が必要となる。
前室を作らない、かつ短辺に出入り口がある構造だからこそ、必ずしも広いとは言い難い日本のテント場事情をよく考えて作られているものだと感心してしまった。
これが1年早く出ていたら・・・と、若干思ったりもする。

スペック上からは良いところばかり目立つが、懸念点もいくつかある。
一つはその特徴である土間部分。
ここを開けている状態で、たとえば稜線などの強風下で使用した場合に空気がインナー内に入り込み、本体が舞い上がってしまうようなことはないのだろうか?
また、フライの構造についても、サイドの下部、地面との距離がやや広く見えるところと、前後に設けられたバイザー部分が結構風の影響を受けそうで、耐風性能や雨の吹き込みが気になるところだ。
それにスリーブ構造のためフライとインナーの隙間に風が通りにくくなっているので、サイドのフライがかかる部分の結露は結構激しそう。
そして悪天候下でテント内に入るときに、前室がないことでインナーに風雨が吹き込んでは来ないだろうか?

・・・とまあ、いろいろと妄想をしてみたけど、まだ実際に使用している人のレポートが無いからなんとも言えないね。
発売は来年4月予定らしいので、購入した人のレポートや、年明けの山雑誌などでも特集されそうなのでそのあたりをじっくり見てみたいところだ。