と言うわけで昼飯タイム。
しかしながら、外は風がやや強くそして何より寒い!という事で一旦山荘の中に避難。
DSC_0088
なつかしの尊仏山荘。
もう20ウン年前か、ここに来たのは。当時と見た目は変わらないけど、さすがに外観はきれいに直されてるね。

で、一旦は山荘内に避難したものの、中でバーナーを使って良いのか良く分からず結局外へ。
昼飯は↑の山荘のすぐ手前の階段付近で。

そしてここで悲劇は起きた。
DSC_0089
今日はスープチゲ雑炊を作ろうとアルコールストーブに米を投入して煮込んでいる最中。
かき混ぜようとスポークを鍋に入れたその時、コッヘルがバランスを崩して手前に落下・・・。
↑の写真ではその惨状が地面に記されているのを見て取れるだろう・・。がっくし。
まあ、スープは少なくなってしまったけど味はさほど影響無いみたいだったので。それよりもアルコールストーブにもチゲスープがかかってしまったことの方がショック。。。燃費悪くなってしまうだろうか。

で、やっぱり外での休憩はツライ。
飯を食べている途中になにやら白いものが舞っている・・と思ったらなんと雪が。
幸い吹雪くことは無かったけど、持参したナルゲンボトルの口についた水滴や、ハイドレーションのチューブまで凍り始める始末。
と、言うわけで早々に片付けしてやはり山荘でカラダを暖めることに。
DSC_0090
山荘では休憩料が300円だが、400円払えばコーヒーが飲める。という事でコーヒー注文。
DSC_0092
DSC_0094
暖まりますわ・・。それにしても俺の帽子、めっちゃ汗染みてるな。やっぱり綿の帽子はダメだなあ・・・。
帽子、再考の余地アリ。
DSC_0091
山荘内は薪ストーブのおかげであったか。
石油ストーブの前ではネコがぐでーっと伸びている。ああ、まねしたい。

そう言えば以前泊まった時とはちょっと印象が違う気がする。
どうやら山荘側ではなく、左脇に建つ小屋の方に泊まったみたいだ。それもそうか、あの時はギュウギュウ詰めで夜中トイレに起きて、戻ってきたら寝る場所なくなってたもんな・・・。
コレが俺の山小屋嫌いの発端と言っても過言ではない。とは言いすぎか。
平日狙いで小屋泊ならアリかな〜。でも丹沢縦走するなら小屋泊しか選択肢ないんだよねぇ。
DSC_0095
持参したゆで卵。塩くらい持ってくれば良かったと若干後悔するも、なんとなく美味い。山なら塩なしでもイケル。



山荘内でコーヒーも飲んで暖まったところでそろそろ下山せねば。
まだ大丈夫だけどこれ以上雪が酷くなっても困るしね。
DSC_0096
最後、山頂で寒さに耐えながらソロ記念写真。

DSC_0098
Bye!塔ノ岳&尊仏山荘!また来るぜっ!

DSC_0099
そしてここからイヤーな大倉尾根、通称バカ尾根のスタート。
あ、でも下山で使うからバカではないのかな。
この階段、登るには多少良いのかもしれないけど(俺は嫌いだけどね)、下りは下りでまた非ッ常〜に歩きにくい。
DSC_0100
こんなのが約7kmも続くのだ。
前方の市街地までなんとかして尾根を通らずに行けないもんか・・・。