引き続き鴨沢発11時22分のバスに向けて猛ダッシュ中。

DSC_0222
10時59分、おなじみの廃屋を通過。かなりの好タイムで来ているはずだが、残り時間があと23分!
DSC_0223
とにかく景色に目もくれずひたすら走る嫁さん。カメラを構えてもあっという間に先に行ってしまう。
DSC_0224
とは言え、景色もきれいだし。ブナの紅葉をちらっと眺めつつ、先で待っている嫁さんの機嫌が悪化しないうちに再びトレラン開始。
DSC_0225
11時7分、登山口に到着!
あと15分・・・ま、間に合うか???

その後小袖乗越を通過し、トイレにも行きたかった俺は嫁さんから先行してダッシュで林道を下る。
が、アスファルトの坂道に出たところで体力限界。
この時点で
「もういいや、2時間でも3時間でも鴨沢バス停でのんびりしてやる!あ、そう言えばウィスキー残ってたから酒でも飲もう!」
と思って坂道をヘトヘトになりながら歩いていると、なんと背後から嫁さんが走って迫ってくるではないか。
嫁さん、まだまだ諦めずに俺が先行したあとも追いかけてきたらしい。
ああ、ゴメンよ。俺が先にあきらめちゃだめだよなあ。。

嫁さんと合流しバス停に向かうと、
DSC_0226
なんと、まだバスが来ていない!鴨沢バス停到着は11時23分、西東京バスの運行ダイヤが遅れていたのが幸いしたようだ。また運転手が居眠りしてたか?
いずれにしても嫁さんの粘り勝ち。そしてバスの時刻を教えてくれたおばさんにも感謝!

帰りのバスは結構混んでいて座ることは出来なかったけど、嫁さんのおかげもあり3時間待ちぼうけを喰らう事も無く11時59分、無事に奥多摩駅に到着。
その後いつもの「もえぎの湯」で下山トレランでびっしょりかいた汗を流す。
この「もえぎの湯」でも、自分たちが入った後から客が急増したらしく、お風呂からあがるころには男湯のみだが入館規制が入っていた。
あと30分も遅れていたら、温泉を目の前にして待ちぼうけを喰らうところだったと思うと、あの時バスの時刻を教えてくれたおばさんには本当に感謝しないとだな。

下山トレランでかいた汗を流したあとは、奥多摩駅近くの定食屋「寿々喜」へ。
DSC_0228
DSC_0229
無事に下山出来たことに乾杯し、空腹を満たす。
嫁さんはとろろそば、俺はA定食。
今回はヘムロックは行かなかったけど、こちらのお店の方がメニューが豊富で良いなあ。何より安いし駅まで近い。
DSC_0230
温泉も入って、飯も食べて、それでは帰宅しますか。

雲取山リベンジ2011 おわり。
総括はまたいずれ!