雲取山山頂でありがたい御来光を拝んだ後は、テント場に向けて下山開始。
DSC_0199
DSC_0200
途中、雲取避難小屋の前にて。
まだ御来光の余韻を楽しむ人で結構混雑してる。実際御来光を見るならこちらからの方が良かったかも知れないね。山頂はちょうど手前に木があったりして以外と見にくかったかも。
でもやっぱり、「山頂から見た」御来光の方が、ありがたみがあるように感じるから良しとしよう。
DSC_0201
避難小屋から30分ほどで奥多摩小屋が見えてきた。荷物も無いと下山も快調だ。
DSC_0202
7時12分、奥多摩小屋に帰還。
廻りを見るとかなりテントが減っている。。。ちょっと山頂でご来光を楽しみ過ぎたか?
取りあえず急いで朝ごはんの準備に取り掛かる。
DSC_0204
朝ごはんは温麺(うーめん)にラーメン用の乾燥具材を入れて、粉末の麺つゆで頂く。
昨日は結構汗をかいたし、下山も汗をかきそうだから塩分をしっかり補給するのだ。
DSC_0205
この温麺、マモミさんも以前PEAKSの山メシで紹介していたけど、宮城県の白石市で生産されている特産品。
面の短さは通常の半分以下くらい(8〜9cm程度)でと短い。一見すると量が少ないように見えるが実際に食べてみるとボリュームは十分。ゆであがりも早いので山行中の飯としてはもってこいな食材なのだ。
もうちょっとお安いと良いんだけどね。。。


朝飯をすませて、テント内を片づけて急いで撤収。
DSC_0206
DSC_0207
辺りを見ると奥多摩小屋のテント場はすっかり静かになってしまった。
まあ、マイペースで下山しますかね。。。
DSC_0203
テント場からは今日も富士山がキレイに見えてます。

というわけで、9時11分、奥多摩小屋を出発!
やっぱりここのテント場は最高だわ、冬季限定だけど、こんなロケーションがお手軽に楽しめるテント場はそうそうないだろう。
また、雪が積もったら来ようかな。
DSC_0208
Bye!奥多摩小屋!!