大日小屋のテント場はこんな感じ。
DSC_0082
小屋の上側にあり、早朝のためまだ陽が当たっていないけどあと1時間もすればここも明るくなるだろう。
DSC_0083
足元には今年初の霜柱。今朝はこの辺りはだいぶ冷え込んだらしい。

とりあえず大日小屋であまりのんびりも出来ないので先を急ぐ事に。
DSC_0085
大日小屋からすぐのところの鎖場。と言うかロープ場。
乾いていれば問題ないけど、雨とかだと歩くのはしんどそう。
そしてここからしばらくはやや斜度が上がった登りが続く。
DSC_0086
足元も徐々に岩が増えてきて少し歩きにくい。とは言え先日の瑞牆山よりは歩き易い。


徐々に急になる登山道を登っていくと、前方が明るく開けているっぽい。
DSC_0087
その先は、大日岩の直下のビューポイント!
DSC_0088
雲ひとつ無い!
絶景過ぎる!
これがあと少しで山頂から見られると思うとテンションも急上昇。

DSC_0090
↑こちらはビューポイントから見た大日岩。
DSC_0092
少し登って横から。大きすぎて全貌がよくわかりまへん。

そんな俺はテンションが上がりすぎて空腹のためおにぎり摂取。
DSC_0093
調子に乗って歩きながら食べていたら、喉のヘンなところに米粒が入る→むせる→取れた米粒が今度は鼻の奥に詰まる→咳き込む、というなんともアホな失態を演じてしまう。
止まって食べれば良いのだが、止まっている時間がもったいないと思ったので歩いて食べていたが裏目に出てしまった。
トホホ。