小袖乗越の駐車場を通り過ぎ、

いつもの雲取山登山道入り口に到着。




まだ夏らしい陽射しの強さと、山から降りてくる風の心地よさを交互に感じながら歩く、そんな理想的なスタートだ。