思えば昨年末の雲取山から始まった次期テント購入へのMP。
その道程は長く険しいものだった・・・。
そしてついに今日。
PAP_0131
決断!
新たな山行の相棒はMSR HubbaHubba HPに大決定!!
MSRのテントはSKINNY Tooに続いて2つ目。

決め手となったのはやはり「快適性」。
自立式であること、そして冬季の使用も可能であること。ある程度の通気性が確保されていること。
この辺りが条件として残っていて、最後まで悩んだのはアライのトレックライズ1(or2)だった。
しかし快適性ではHubbaHubba HPの方が上であること、そして「所有する事の満足感」が高いことなどから決定しました。

しかしいざ購入するとなるとネックとなるのがその価格。HubbaHubba HPはパッと買うには勇気がかなり必要なんです
ネットショップや海外通販なども調べたものの、ほとんど定価と変わらず、もしくは安くなっているところは売り切れで入荷予定なし。
近場のショップにも問い合わせをしてみたが、ほとんどが売り切れ。どうやらHPはヨーロッパと日本のみの展開らしく元々の生産量が少ない事に加えて、今期の生産がすでに本国でも終了しているとのこと。
そのため店頭で出回っているものが最終在庫となるらしいのだ。
もしかして、HubbaHubba HPはディスコン・・・?

上記のことから、「いくら待っても価格は下がらない」そして「待てば待つほど買えなくなる」という予測から、今日決断に至ったわけだ。
さて、それでは早速室内ではあるものの設営をしてみたのでレビューをば。

PAP_0130

まずは買ってきた状態。比較のためSKINNY Tooと並べてみるとほぼ同じくらいの大きさ。
重量は若干HubbaHubba HPの方が軽い。
(SKINNY too→2030g、HubbaHubba HP→1930g)

PAP_0129
中身。左からフライ、インナー、ペグ、ポール。

PAP_0116
ペグは付属でニードルステイクが8本。補修用ポールが1本、ガイラインは2本。

PAP_0127
DAC社製のポールはハブフレーム構造。

それでは早速設営。

PA0_0128
まずはインナーを展開。広げてみた第1印象は「薄い!軽い!」。
ここに広げたポールを載せて、
PA0_0126
四隅のグロメットにポールを差し込み、フックをポールにかけると
PA0_0132
PAP_0125
あっという間に完成。自立するってすばらしい!!
ここまでは写真撮りながらだけど1〜2分くらい。なんつー簡単さ。
昨年までの白・赤の組み合わせから白・チャコールの組み合わせになったカラーは、落ち着きがあってあまりギラギラした雰囲気が無くて個人的には好きですな。

続いてフライをかぶせてみる。
PAP_0124
こんな感じ。
デカイ!部屋の中だからかもしれないけどかなりの存在感。
グリーンは思っていた以上に明るい感じ。BDのハイライトほどではないけど、アライのトレックライズよりは明るい、中間な感じ。
フライは四隅のグロメットに通した後に
PA0_0120
こんな感じでコードを引いてピンと貼ることが出来ます。

PAP_0123
やっぱりこのロゴがかっちょいいです。

PAP_0118
サイドにはベンチレーターが設けてあり、
PAP_0119
フレームでこのようにスペースを空けることが出来る。HubbaHubba HPはメッシュ部分が少ないので夏場の通気性確保や冬場の換気では必須なパーツだ。

PAP_0117
短辺側にもガイラインを着けるところがある。さりげなくMSRのロゴ付。
強風のところなどではフライのバタつきを抑えるためにペグダウンする必要があるね。
ちなみに標準のペグダウン可能箇所は前・後室と左右短辺の計4箇所。

PAP_0114
室内天井にあるギアロフト。HubbaHubba HPは2011モデルからこの部分のメッシュがなくなっている。
冬季の使用を考えるならこれはある意味ありがたいかも。暖かい空気は上部にたまるので、上がメッシュだと抜けちゃうんだよね。
PAP_0113
短辺側左右にもギアポケットあり。細かい荷物はここに置けます。

PA0_0115
PAP_0122
室内。ちょっと分かりにくいけど、Z-ライトの横幅が51cm、二つ並べても余裕がありそう。この辺りはSKINNY Tooよりも広くて良いね。
縦方向はSKINNYの方があるかもしれないけど、やはり頭上空間が広いのでスペック以上に快適に感じます。

そして良くある写真を撮ってみたかったので無理やりやってみた。
PAP_0112
PAP_0111
室内だけど真っ暗にして中にオービットとジェントスを置いてみたw
MSRロゴはこんな感じで浮かび上がるのか〜!

そしてパッキング。
購入時の袋のままだととても持ち歩く気にはならないのだけど、グラナイトギアのシルコンプレッサー(L)に入れて圧縮してみると・・・
PAP_0109
PAP_0110
オゥ!
かなりコンパクトになりましたな!初めの状態と比べても半分以下ってところか。ポールやペグは入らないけど、どうせパッキングの時はバラバラに入れるしね。
ただ、ドライサックがLサイズだったので、Mか、もしかしたらSサイズでもいけるかも。気合を入れて空気を抜けばもう1割くらいはコンパクトになりそう。


・・・という訳で、HubbaHubba HP購入初日のレビューはこんな感じです。
てか、ちゃんとペグダウンしてみたい・・近くの公園に試し張りに行ってみようかなぁ。
とにかく、こいつと早くあんな山やこんな山に行って見たい!

【次回予告】
明日はコイツのレビューを。
PAP_0108
嫁さん誕生日プレゼント・ファイナルですw