今年は平年よりも12日早く、過去3番目の早さでの梅雨入りだそうで。
早い梅雨入り→明けるのが遅いというのが大方の予想で、憂鬱な時期はしばらく続きそう。

さて、5月ももうあと3日で終わり。
今月はGWからの大風邪の影響やら天候やらで結局山に行けなかった。という事で今月は神無月ならぬ「山無月」なのだ。
一番良い季節を逃してしまったことに今更ながら大後悔。せめて早く梅雨が明けてくれることを願うばかりだ。
とは言え、梅雨明けまでの約2ヶ月、どこも行かないって事もないと思うので、雨対策も少し考えつつ山の計画も立てたいところ。
ちょっと前から考えているのは奥多摩の日原〜鷹ノ巣山〜六つ石山のルート、そしてPEAKSに載っていた高尾山〜上川乗へのテント泊ルート。後者はちょっとお手軽縦走的な感じで、陣馬高原のキャンプ場で1泊するルート。出来たら行ってみたい。
夏には唐松テント泊、そしてSBKでの白馬岳、さらにもしも行けたら白馬大池のテント泊にも行きたいんだよな。
まあ、どこまで実現できるか分からないけど・・・。

ところで、今「青空ユニオン・アウトドアチャリティ」(http://topic.auctions.yahoo.co.jp/charity/2011sanrikuoki_ms/post_13/index.html)というオークションが実施されているのをご存知だろうか?
photo

アウトドアーズマン有志とアウトドアメディアが協賛して実施されている東北地方太平洋沖地震のチャリティオークションだ。ホーボージュンさんアウトドアライターの森山伸也さん高橋庄太郎さん、そしておなじみシェルパ斉藤さんに三鷹Hiker's Depotも参加している。
なかでもちょっと注目なのがあの伝説のテント「ホーボーズ・ネスト」が出品されている!
photo_6
photo_2
↑写真は「HOBODAYS」から拝借。

2007年にアライテントとホーボージュンさんとのコラボで限定100張りが製造され、わずか72時間で完売してしまった伝説の一人用テント。ホーボーさんによるこだわりのカスタマイズは今なおそれを越えるテントが出てこないほど高い完成度を誇る。
これが二人用だったら・・・!オークションに参加したかったんだけどね・・・。
ポールまたはパドルで前室を立てられるという面白い仕組み。これによりベースとなったトレックライズよりもかなり広い前室が確保され、快適そう。
2007年当時もこの記事をBe-Palでみてカッチョエー!と思ったけど、やはり一人用ってことでスルーしてたんだよね。あれからもう4年・・・バージョンアップ版のホーボーズ・ネスト2とか出してくれないかなー。二人用で。
今日現在51,000円。発売当時の価格が4万ちょっとくらいだったら、早くもプレミア扱いです。
今後もライターさんやアウトドア好きならなじみのあるあの人とかからも出品が予定されているようなので、興味のあるかたはblogなどをチェックしてみると良いかも。



・・・しかしこうしてみてみるとベースとなったトレックライズもやっぱいいかも(笑)。