なんかblogの調子が悪くてようやく画像がアップロードできた


って事で、もう昨日だけどdocomoの夏モデル内覧会に行ってきやした。
内覧会初めて行ったけど、人の多さにまずびっくり!
PAP_0029
会場に入るまで20分以上は並んだだろうか・・・。
しかも周りを見てみると家族連れが意外なほど多い。なんとなく内覧会ってマニアックな人達が集まるところだと思い込んでいたけど、かなり予想外。

PAP_0028
会場に入ってさらにびっくり。
めちゃくちゃ並んでる。これじゃ見たい機種を回って堪能なんて無理無理w。
PAP_0027
やっぱりXperia acroが一番人気だったのかな。端末触るまでの待ち時間が一番長かった。なんと1時間!
実際はそんなに待たなかったけどね。むしろGALAXY S2の方が回転が悪くて待ち時間が長かったような。

で、触ってみた感想。
写真で見てた通りAquaは色味がきれいでグラデーションも思ったほど気にならない。これは嬉しい誤算。実機を見て印象が良くなるのって意外に少ない気がするね。
使った感じ、動作に関してはサクサク動いてたように思える。ブラウザで時折カクつくことがあるけどまあ許容範囲でしょ。
むしろ文字入力。これは完全に今までのガラケーのテンキーに慣れきった人間にとってはハードルが高いね。。。
一番操作が分からなくて説明員の人に切り替え方とか色々聴いてたら時間が経ってしまって、ワンセグ感度やシステム情報まで見れなかった。色々と慣れたり勉強しないと使いこなすのは難しそう。
サービス面ではSPモードやワンセグ・赤外線などを搭載してガラケーとの差は縮まったように思えるが、やはりスマートフォンとガラケーは全くの別物であることを再認識。
ちなみにauからもXperia acroはリリースされるが、EzwebのメールやauのLISMOと言った独自サービスの対応は9月以降もしくは対応未定との事。この差は一体なんなんだ。

PAP_0026
会場には今回の夏モデル以外にも、緻密な制作と独特の世界観で話題になったTOUCH WOODのCMと実機が置いてあった。このCMは一見の価値ありです。

0017
それにしても気になるのは発売時期。一部の情報では7月下旬とのウワサも。。。出来れば7月アタマには発売になって欲しいんだけどなあ。あと約2ヶ月スマホに変えられないのは結構ツライ。

そもそも今回のacroが欲しい理由は極端に言ってしまえばワンセグが欲しいだけ。
しかも緊急時のことを想定しての話。普段ほとんどワンセグを見ないので、それさえ無視してしまえば機能の同じXperia arcでも問題ないんだよね・・むしろデザインはarcのが好きだ(厳密に言えばOSのバージョンやPOBoxのバージョンなどがちょっと違う)。
なんだか実機を見れば一気に悩み解決かと思ったけど、むしろ見た事で悩むことになってしまった

ちなみに他には時間の都合でGALAXY S2、P-07Cしか触れなかった。ギャラS2はデュアルコアの割にはタッチの反応がちょっと鈍かったりなんとなくイマイチな印象。そしてP-07Cはレスポンスかなり悪い。パナ初のスマホとは言え、ちょっと厳しいねえ。。。
他にはMEDIAS WP、AQUOS PHONE f(SH-13C)が気になったかな。


さあスマホへの乗り換え。どうする?どうする?