83d28495.jpg

6fcbe80a.jpg

16e8279f.jpg

ce5e2d1c.jpg

b89cf096.jpg

MSR SKINNY too 2009

Packaged Weight: 2030 g
Packed Size: 51 x 17 cm
Size:3.12m×1.1m×1.0m

先日の雲取山で使用し改めてSKINNY tooについて。
構造は非自立式のシングルウォール。前面・背面のパネルはメッシュで通気性、結露対策は比較的良い。
ペグダウンとポールのテンションにより耐風性は高い。
非自立の式の特性として幕営地が選ばれる。実は先日の雲取山の際にも1度だけペグを外して場所を変える必要があった。特にSKINNY tooの場合ポールテンションがきちんとかからないと立てられない(本体側のグリップがポールにかからない)のだ。
従って、必ず最低でもテントスペースはある程度平坦である必要がある。

山行においてはこのような条件にいつも恵まれるとは限らない。
多少斜めだったり、凸凹だったりする事の方が多いだろう。反対に言えば、テントがきちんと設営出来るところならかなり快適に過ごすことが出来ると言うこと。山行で疲労した体を休めるには、良質な睡眠が欠かせないのだ。
実際雲取山ではテントそのものは快適だった。
要因は他にアリ

今回の山行では隊員TのBlackDiamond ハイライトとSKINNY tooを特と比べることが出来た。
山岳テントとしてハイライトの完成度は非常に高い。
シングルウォール・軽量・コンパクト・自立式・結露に強いナノシールドファブリックと欠点らしい欠点は見当たらない。
今後のテント選びで非常に参考になった。

一癖も二癖もあるSKINNY tooだが、それでもやっぱり好きなのだ。



============
初めて社会人になったときの同期にベイビーが誕生!ベイビーの人生と友人家族に、幸多からん事を!