日韓共催のW杯開催で世間も賑わう2002年4月。
まだ桜の季節の頃、この場所での生活が始まった。今から7年半前、20代も後半に差し掛かったばかりの自分は、初めての一人暮らしに様々な夢や希望や妄想(笑)を抱きつつ、意気揚々とここへとやってきたのだと思う。
思えば人生でもっとも山有り谷ありの期間のほとんどをここで過ごしてきたことになるわけだ。

思い返せば、楽しかった事もたくさんあったけど、ここでの生活の後半は苦労のほうが多かったかな。

ここで笑って、時には怒って、悲しんで、泣いたりもした。
色々なことをこれまで過ごしてきた部屋と、今日、お別れしてきました。

PAP_0004

PAP_0002

これから、また新しい部屋で、笑ったり、泣いたり、時には泣いたり、また喜んだり、たくさんしていこうと思う。

PAP_1288

ここで過ごした日々は、俺の大切な思い出です。
そして、ここに来てくれた人にも、ありがとう。

M