ども。
MPです。

だいぶ前回の考察から日にちが経ってしまったが、あれから色々なアドバイスを貰ったり、店舗に足を運んでモノを見たり、自分の特殊能力である”もうそう”(笑)であれやこれやと考えた結果。。。

40リットル〜45リットルは中途半端である。

という結論に至りましたw

あくまで、自分の想定するシチュエーションに関しては、という事。
現在自分が持っているバックパックを見てみると、

20リットル(ドイター:スピードライト20:500g)
30リットル(ゼロポイント:シャワークライミング用に購入:重量不明)
30リットル(ミレー:名称不明:約1500g)
35リットル(コロンビア:グレイクリフ35:1150g)

である。
現在メインで使用されているのは主にミレーとコロンビアのバックパックだが、上記の通りさして大きなサイズではない。
必然的に、パッキングアイテムについても限られるわけで、ミレー/グレイクリフには、テントを外付けという条件はあるものの一泊程度のテント泊ならこなせるくらいのパッキングアイテムはそろっているのだ。

では何故これ以上のサイズが必要か。

大きな理由「バックパックの中に荷物をすべて纏めたい」という点。
例えば雨天時。テントやマットなどが外付けになると、レインカバーが使えない。また、転倒時や歩行時に枝などに外付け部分を引っ掛けたりと、破損や紛失の原因となってしまうことが考えられる。
もちろん、外付けが必要になるor構わないアイテムもあるのだが、やはりテントくらいは最低パッキングしてしまいたいと思う。
これは、使用環境がシビアになれなるほど重要になるポイントだろう。

また、以前参加したフェスや、キャンプの際。
荷物を1つに纏められるといいなー・・・とつくづく思っていたわけで。まあ車に積み込む時は結局バラす事が多いんだけど、気分的にまとまってた方がいい。
さらに言えば、先々縦走クラスの登山や、山頂テント泊などもやりたい・・・と考えると、やはりどうしても35リットルクラスではムリ、そしてそれに10リットルプラスした程度の中型ザックでは、あまりメリットはない、という事が結論付けられたのだ。


という事で。
候補は50リットルクラスにターゲット。
まだまだこれから探すようだが、

ドイターACTライト50+10 (今のところ機能・デザインでNo.1候補) 
The NorthFace Terra60 (隊員Tオヌヌメ。ブルーが良いね)
MILLET CAPUCIN 45/55 (サイトがエラーで開けない・・・ミレーのザックではド定番)
ゼロポイント パーサライト バック50(1気室だけど軽い。) 
オスプレー アトモス50 (忘れちゃいないぜオスプ。個人的にはキライじゃないけど・・)

そう言えば大型のバックパックを見るようになってから、だいぶ重量にに対する意識が変わりつつある。
中型までのバックパックなら本体の重量を重要視しても良いかもしれないが、大型のバックパックになるとポイントとなるのはフレームのつくり、背負い心地、パッキング時の強度、ハーネスの造りなどになる。必然的に重量の優先順位は下がっていくが、それでも50リットルクラスなら2000gを切りたいところだ。

この辺りをベースにして色々またMPしてみようか。


アトモスは無いかな・・・CAPUCINかTerraかACTライトの3つ巴状態のような。