いよいよ明日。
唐松岳登山、今日の深夜から出発。
6月頃から楽しみにしていたので、ワクテカが止まらんです。

標高2,696m、北アルプスの縦走ルートでは中間点に位置する山。
山頂からは北には白馬岳や不帰ノ瞼(かえらずのけん)、南には五竜岳、西にはあの映画でも有名な剣岳、そして東には遠く黒姫山や苗場山が見渡せる360度の大パノラマが広がる。
途中雪渓(この時期見られるかは微妙、8月上旬の時点ではまだあった様子)や北アルプスを映す八方池など、登山途中の見所もばっちり。
そしてなによりSBKにとっては聖地八方尾根の上部の山でもある。
聖地八方尾根に敬意を払いつつ、そのさらに上を目指すのだ。

だがしかし。
・・・どうも天気が悪いらしい。

唐松辺りのお天気

3ヶ月以上前から準備して、超楽しみにしてたのにぃ。
山頂からのパノラマ拝みたいぜよ!
山頂でイッパイやりたいぜよ!・・・orz
それに。
このために購入したBlackDiamondのトレイルショック・コンパクトの初実践導入もあるんだよおおおおおお。
SN3K0799_t

SN3K0798_t

SN3K0800_t

SN3K0840_tこないだは平地でしか使ってないので、やはり山で使いたいのですよ。
なので、雨はサイアク我慢するのでとか、豪雨だけは勘弁・・・!




とまあ個人的な物欲についてはともかく。
昨年の甲斐駒に続き今年は初の北アルプスへのアタック。
ついに北ア突入か〜と思うとワクワクするね。

唐松岳は通常1泊2日くらいでマッタリ登るのが主流のよう。ただし今回は日帰り強行登山になる。
朝7:30のゴンドラ〜リフトを経由して八方山荘に行き、そこから登山開始、夕方16:00には再び八方山荘まで降りてこないといけない。
登山ルートは各ケルンごとにコースガイドも分かれているのだが、出来れば行きのルートで30分程度は短縮していきたいものだ。
如何に北アの入門コースとはいえ気合と入れてかからないとだ。
山頂下部には多少危険なところもあるので、まずは安全第一、無理ムチャはせずに行くこと。コレ大事。
登頂は目的ではあるが、第1ではない。
第1は”無事に下山すること”なのだ。



ともあれ。
はやる気持ちを抑えつつ、深夜の運転に備えて仮眠しとかないとな。
待ってろ〜、唐松岳!
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック