日々フツフツと湧き上がる物欲を、とりあえず文章にすることで解消?していく『物欲魂』。
今回は折り畳み式のミニチェアについて。

先日の野外フェス初参戦のとき、サイトの構成がロースタイルだったため自分の持っていたコールマンのアルミチェアでは大きすぎ、ミニチェアが必要・・か?と散々悩んだ挙句結局買えず、隊員Tにミニチェアを借りることになったのだが。
ミニチェア・・・あっても良いとは思う。
しかし、オートキャンプとなるとコールマンのスリムキャプテンチェアアルファでいいし。
チャリや登山などでは、ミニチェアといえども荷物になるので基本的に持っていかない。

となると、使い道は2つ。

1.フェスなどの野外イベント時。
2.ロースタイルのオートキャンプ時。

個人的には前回のフェスは楽しかったのでまた機会があれば行きたいとは思う。が、おそらく単独参加はナイので、場合によっては隊員Tにまた借りようか・・・ラフマのチェアー買いそうだしあそこは(笑)。
ロースタイルのキャンプ。これはやりたいとは思うがそのためには多分イスの前にテーブル、そして場合によってはタープもちょっと考えないといけないかもしれない。
そもそも個人的にオートキャンプにいく場合は多分ロースタイルには当分ならないと思うんだよなあ・・。でも9月の平湯キャンプではロースタイルで行こう!って話になってるし。うーむ、ナヤムねぇ。


で、とりあえず候補に挙がっているのはこれ↓。

Coleman(コールマン) コンパクトスリムキャプテンチェア
Coleman(コールマン) コンパクトスリムキャプテンチェア

隊員Tが使ってるのがまさにコレ。




あとはラフマのこれ
http://www.lafuma.jp/outdoor/index.php?option=com_wrapper&view=wrapper&Itemid=78
以前石井で見たときは相方は好感触だったよう。隊員Tが今回T嫁用に持ってたのは多分これの色違いかな?

折りたたみのミニチェアも、その小ささゆえの問題点もある。
1.背もたれが低いため、あまり寄りかかれない(寄りかかりにくい)こと。
2.4本足の場合、前2本の先端部がちょうど太ももの裏辺りに当たってしまうこと。
3.座面位置が地面から低いため、一旦座ると立ち上がったりするのがやや億劫なこと。

コールマンのコンパクトスリムチェアは、上記3つの懸念点がもれなくついてくる。逆にラフマのチェアは1/2についてはほとんど気にならない。3.については足を投げ出して座る感じなのでかなり快適なのだが、これは座面の低さゆえ仕方ないところか。

3の問題点についてはコンパクトチェアゆえ、目をつむるとしても1.2.辺りは何とかならないか・・・と思っていたら、発見。
これ↓
SN3K0650
Magic Mauntain クイックEシート。
重量1.8kg(コンパクトスリムチェアと同等)。
背もたれも高く
3本足のため太ももへの干渉も気にならない。
収束型
左サイドにメッシュのカップホルダー付き!
そしてなんと言っても、背面裏にあるストラップを引き上げるだけで収納できてしまう!!さらにストラップを持って持ち運べる!

難点は折り畳み時の長さが67cmもあることか。これは背もたれが長い分仕方ないところではある。
さらに言えば価格がやや高い(6,000円前後)こと。ただ実売は4,000円未満、安いと3,000円切るところも。

今のところナチュラムでは取扱いは無いようだが、まだマイナー分目立ち度もあっていいかも。
当面のコンパクトチェア候補No.1になったりして。